FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←〈11〉 留守中の変事 →〈13〉 香代との再会
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「雪割草シリーズ」
金銀花

〈12〉 強力な秘薬

 ←〈11〉 留守中の変事 →〈13〉 香代との再会
橋野家へ向かう途中、気分が悪くなった千鶴はうずくまってしまった。
荒い息を抑えようとするうち、身体の出る所は出、引っこむ所は引っ込み、完全に元の女の姿に戻ってしまった。
 早苗の秘薬は一晩経たないと効果が出ない。しかし、それの解毒剤は即効性が高かった。

「もう戻っちゃった…… 女の子だ……」
 
 耳に入った自分の本当の声、女の喋り方が耳触りでしかたがなかった。
やっと慣れてきた男の低い声を懐かしみ、咳払いをもするのを控え、声を聞かないよう努めた。
 最初は一刻も早く戻りたかった本来の姿。しかし、今の千鶴にとっては苦痛でしかなかった。
細い腕、小さな手、高い声、柔らかい身体、何もかもが嫌に思えた。
 しかし何時までもそうしてはいられない。身体に合わなくなった着物を姿に合わせて着直し、髪を男のように一つに縛り、男装で身を固めた。
 そして、迷わず橋野家へと向かった。


「橋野さまにお取次ぎを……」

 橋野家の下女には男装を訝しげに見られたが、誰も何も聞きはしなかった。
すぐに当主又兵衛が千鶴の前に現れた。

「……千鶴殿か? おぉ、元に戻ったか。よかったよか……」

 どうやら解毒剤作りにありったけの集中力と体力を注いだ又兵衛は疲れていたようだった。
大あくびを堪えながら、千鶴に声をかけた。
 そして、半分寝ながら男になりたい千鶴の話を聞き、良く考えずにその方法を教えてしまった。
昼間に解読したばかりのその秘薬の調合方法を記した紙を渡し、調合は自分でやれと言うと、大あくびをし、涙を浮かべてこう言った。

「……気が済んだら、早苗から解毒剤もらって使うのだぞ。いいな?」

「はい。ありがとうございました」

 礼を返した後、千鶴は早々に橋野家を後にし、帰りがてら必要な材料を店で物色した。
得体の知れない薬草や謎の薬、人間が食べられるとは到底思えないものを調合説明書どおりにもれなく購入し、帰宅した。
 それから自室にこもり、説明書どおりに材料を混ぜ合わせた。
混ぜ合わせるたびに妙な匂いが強くなり、本当に大丈夫なのかと怪しみながら作ったがどうにか仕上がった。
 早苗の持っている秘薬は固形だったが、今目の前にある千鶴の作り上げたものはドロドロしたどす黒く濁った液体。それを湯呑に取り、覚悟を決めた。

 飲めば男になれる。香代に会える。守れる。一緒になれる。それだけ考え、口をつけた。
しかし、すぐに吐き気を覚えた。その味は数日前飲み込んだ秘薬の不味さなど比較にならないほど不味かった。泣きそうになった千鶴だが、我慢してすべて一気に飲み干した。
 と同時に身体が熱くなりはじめ、意識が朦朧とし、耐えきれずにその場に倒れこんだ。
 
 




 次の日の朝、早苗は少し寝坊した。
助三郎と一緒に明け方近くまで泣いていたので、寝るのが遅かった。
 休みの助三郎を寝かしつけ、気を取り直して義母と台所に立っていた。

「早苗さん、千鶴はどうなったの?」

「……解毒剤を飲ませたので、女の子に戻っているはずです」

「そう……」

 早苗と助三郎は昨晩の出来事を一切話してはいなかった。
余計な心配を美佳に掛けさせたくはなかった。

「相変わらずあの子は兄に似て遅いわね。起こして来てくれるかしら?」

 美佳は傍にいた佐々木家で一番若い、千鶴と仲が良い下女に頼んだ。

「はい、ただいま」 
 




 その頃、部屋では昨晩の状態で千鶴が倒れていた。
ただ一つ違ったのは、姿が男ということ。
 モゾモゾと起き上がると、まず一言。 
 
「あの秘薬、クソ不味かったな…… ん?」

 声が低く、話し方が男になっていることに気付いた。
手を見ると、柔かな女のものではなく大きな男の手だった。
 急いで起き上がると、背は以前よりも伸びていた。
身体に合わなくなった着物を躊躇することなく千鶴はすべて脱ぎ捨て、確認した。
 
「ちぇっ、筋肉やっぱり足りないな…… もっとつけないと……」

 そう口にした自分に千鶴は驚いた。自分の裸を見て真っ先に思ったのが、それ。
毎回見て感じていた違和感は全くなく、自分の身体として当たり前に見ることができた。
 
「よし! 男だ! 本物の男だ!」

 身も心も本当の男になれた事実に千鶴は喜んでいた。
着物を着るのも忘れ、一人裸で喜んでいると、突然部屋の襖があいた。 

「千鶴お嬢様、もう朝……」


 下女と昨晩まではお嬢様だった男の目線が合った。


「あ、おはよう!」

 千鶴は何も考えず、何も隠さず笑顔で挨拶した。しかし、女中は真っ赤になると同時に襖を勢い良く締めた。

「あれ? どうしたの?」

 それと同時に、盛大な叫び声がこだまし、走り去る音が聞こえた。
 すぐさま彼女に謝ろうと、千鶴は廊下に出た。
しかし、自分が裸だということに気付き慌てて着物を着る為に部屋に引っ込んだ。
 
 その間に、下女は泣きながらも早苗と助三郎を連れてきた。
 早苗は千鶴を見るなりため息をつき、助三郎は怒った。

「千鶴!? なんだその姿は!?」

「見ての通りです。兄上!」

 千鶴は嫌いで顔も見たくないと思っていた兄に、ほほ笑みかけていた。
同じ男に、本当の弟になったことを喜んでもらいたかった。
 しかし、彼の顔は険しかった。

「……また秘薬飲んだのか?」

「はい!」

 そんな笑顔で悪びれることなく言ってのけた弟に助三郎は呆れた。
しかし、忘れずに次なる策を打つために命を下した。

「……早苗、秘薬は庭の地面に埋めておけ。いいな?」

「はい」

 後ろのほうでしくしく泣いていた若い下女には、懐から懐紙を取り出し、こっそりと手渡した。

「……即刻これを千鶴の朝餉に入れてくれ。全部の器にだ。いいな?」

「……はい、わかりました」



 一日中、今か今かと千鶴の姿が戻るのを待ったが、一向に変わる気配はなかった。
昼餉にも、夕餉にも、茶にも菓子にも、口にする物何もかもに解毒剤を混ぜたが、次の日の朝起きてきた千鶴は男のままだった。


「なんで効かないんだ!?」

 朝からそう大声を上げ、天を仰ぐ助三郎を尻目に、千鶴は笑った。

「確かに。まったく効きませんね。ハハハ!」

「……どうしてだ?」

「兄上、考えても仕方ありません。効かないものは効かない。さぁ、朝餉にしましょう」



 助三郎は黙っておかずを口に運びながら考えた。
 解毒剤が効かないという事実。大喧嘩したのに、千鶴は睨みもせず寄ってくる。
 背が以前より伸びた。
 それくらいしか、助三郎には思い当らなかった。
 しかし、一人で考えていても埒が明かない。弥七に千鶴の見張りを頼み、助三郎は早苗とともに又兵衛の元へ向かった。


 又兵衛に会うや否やこう聞いた。

「……解毒剤は本当に効果があるのですか?」

「もちろんだ平太郎で確認済みだ。どうかしたのか?」

「……千鶴が、男のまま戻りません」

 そう言うと、又兵衛からは聞き捨てならない言葉が出てきた。

「嘘言え、お前たちに解毒剤渡した日の晩に、女の千鶴殿が家に来たぞ」

「え!? なぜ父上のもとへ?」

 二人は、ものすごく嫌な予感がしていた。

「……何だったかな、本物の男になりたいと言っていたような」

 曖昧な義父に助三郎はうなだれた。
格之進のように怒鳴りつけたくなったが、嫁の父親に出来るはずがない。
ぐっとこらえて、座っていた。
 その夫の真意を汲み取り、早苗は父親に食ってかかった。

「いい加減なこと言ってないで、はっきり思い出してください!」

「……秘薬の調合方法を教えたような。そうだ、教えたんだ。……で、今は男になっているのか?」

「はい。……あの、ということは、千鶴は今本当の男なのですか?」

 恐る恐る助三郎が聞いた。

「どうだろう? その秘術は翻訳しただけで、実際に試してはいない。本当に出来るかはわからんのだ」

 またも黙りこくる助三郎を横に、早苗は父親に怒鳴りつけた。

「即刻確かめてください! 千鶴ちゃん連れてくるので!」

「わかった。わかったから、そう怒鳴るな……」


 早苗は女のままでも十分怖かった。そんなのが男に変わって、物凄い勢いで怒れば怖いに決まっている。


 早苗は助三郎とともにいったん帰宅し、嫌がる千鶴を橋野家へ連行した。
時間がかかると言われたので、彼の見張りに弥七をつけ家で待つことにした。
 美佳への説明も必要だった。
 

 早苗は美佳に今起こっていることをあらいざらい話した。
義母は神妙に聞き、たまに質問を返すだけで、取り乱しも怒鳴りも泣きもしなかった。
 さすがだと内心感心しているうちに、又兵衛が千鶴を伴い帰宅した。

 千鶴を部屋に閉じ込めた後、佐々木家の面々を居間に集め、又兵衛は重い口を開いた。


「……千鶴殿は、完全に心も身体も男になっておった」

 この言葉に、助三郎が一番衝撃を受けていた。
 うろたえる夫の代りに、早苗が問うた。

「……ということは?」

「……女との間に、子を成せる身体だ。完全に、男だ」

 この言葉に、美佳がようやく驚きの表情を見せた。
助三郎はうなだれ頭を上げなくなった。


「……それで、解毒剤は?」

「……残念だが、効かない。ここにそう書いてある」

 差し出された巻物は、早苗が伊賀で受け取ったときと同じだった。
当主にしか解読できないらしい意味のわからない文字の羅列も、変わってはいなかった。
 しかし、注意書きのようなものがそばにくっついているのを早苗は見つけた。

「これは? ここには何と書いてあるのですか?」

「……本当の異性になる際に、記憶を消したい場合の説明だ」

「どういう事ですか?」

 美佳が又兵衛に聞いた。

「例えば、女が苦肉の策に男になるとします。その際に、好きな旦那や子供の記憶が残ったまま、男になって女と一緒になると色々辛いでしょう?」

「……そうですね」

「早苗は、わかるな?」

「……はい」

 早苗は経験済みだった。男の姿から戻れなくなった時、助三郎との思い出を消し去る事がどうしてもできず、恋しい気持ちも消すことができなかった。
そのせいで気が触れる寸前まで行った。
 そんなことを経験しなくてもすむ方法が実際あったことに、早苗はすっと寒気を覚えた。
 しかし、この時の助三郎の蒼白の顔には気付いていなかった。

 説明をすべて終えた又兵衛は突然、脇差を目の前に置いた。
早苗は驚いた。

「……父上?」

 又兵衛は真剣だった。手を畳につき、美佳と助三郎に向かい深々と頭を下げた。

「美佳殿、助三郎殿、誠に申し訳ない。この場で腹を斬って詫びる」

 とたんに、美佳が止めた。

「橋野さま、それだけはお止め下さい!」

「しかし……」

「千鶴は、娘は息子になったかもしれませんが、生きています! それだけで十分です!」

「……義母上?」

 早苗は意外な美佳の言動に驚いた。
最初に千鶴が男になった時気絶までした義母が、今怒りもせず、現状を受け入れていることにあっけにとられていた。


「戻せないのなら、それにあの子が戻りたくないのなら仕方のないこと。あの子の身の振り方はこれから考えます」

「……本当に、よろしいのですか?」

「はい」

 美佳の決意の込められた顔を見ると、又兵衛は姿勢を直し真面目に言った。

「……それならば、美佳殿、某の責任ゆえ、最大限の御力添えを約束致す」

「ありがとうございます」


 その時、何故か助三郎は小走りでその場から、誰に何も告げずに去った。
気付いた早苗は彼の後を追った。

 助三郎は、夫婦の部屋にいた。
部屋の隅に置いてある机の前に座り、机に肘をつき頭を抱えていた。
 そのそばには、江戸で買い求め水戸のこの家に送ってもらった千鶴の為の反物が転がっていた。
早苗と美佳は受け取ったが、千鶴には渡せていなかった。

 うなだれる夫にそっと早苗は声をかけた。

「……大丈夫?」

 すると、無理して作った笑顔で返事が返ってきた。
声が、震えていた。

「あぁ、平気だ。どうってことない。ただ千鶴が……俺の妹が……バカな俺のせいで……」


 早苗は耐えられず言った。
 
「全部わたしのせい…… 助三郎さまの……」

 言い終わらないうちに、怒鳴り声が部屋に響いた。

「違う! お前のせいじゃない! 二度と言うな! すべては俺の責任だ!」

 早苗はびっくりして、言葉を失った。
驚いた妻の姿に気付いた助三郎はすぐさま彼女に近づき謝った。

「すまん…… 怒鳴ったりして」

「……ごめんなさい。本当にごめんなさい」

 早苗は泣き出した。
絶対に『お前のせい』と言わない夫の優しさに、申し訳なさ不甲斐なさが溢れ出し、我慢できなくなった。
 

「泣かないでくれ。頼むから……」

 そういう助三郎も泣いていた。泣きながら早苗を抱き寄せた。

「……早苗、側に居てくれるか?」

「……うん」


 少し泣いた後、助三郎は畳の上に転がった反物を手にしていた。

「これ、千鶴に買ったのに。似合うと思ったのに。似合わない姿になっちまった…… 俺のせいで……」

「……自分を責めないで。ね?」

「どうして? なんで? なんで男なんかに……」


 
 二人が泣き続け、どんよりと澱んだ部屋とは対照的に、詫びの印だった千鶴の反物は、春の日を彷彿とさせる明るい華やかな萌黄色だった。
関連記事
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【〈11〉 留守中の変事】へ
  • 【〈13〉 香代との再会】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。