FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ← 〈02〉 喪失 → 〈04〉 衝撃
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「雪割草シリーズ」
凌霄花

 〈03〉 江戸の友

 ← 〈02〉 喪失 → 〈04〉 衝撃
光圀の訃報は、いち早く江戸にもたらされた。
五代将軍徳川綱吉は驚き、悼みの言葉を述べたが、彼の傍に仕えるある男は違った。
 ……態度と口では同じ気持ちを表してはいたが。


 その夜彼は邸の一室で空に掛かる三日月を肴に、一人静かに祝杯をあげていた。

「……ようやく死んだ。あのうるさいジジイめ」

 手の中の盃に、細い月の姿を映し込みしばらく眺めた後、グイッとそれを干した。

「これでやっと俺の思い通りに事を動かせる……」

 再び手酌で酒を注ぐと、側用人柳沢吉保(*1)は端正な顔で静かに笑った。
 
「……手始めに殿の御機嫌取りだ」





 元禄十四年の年が明けた。
しかし喪中の水戸藩、祝い事とは無縁だった。
 佐々木家でも、それは同じ。普段通りの暮らしを送った。
 冬の寒さも大分和らいできたある日の夕暮れ時、助三郎は仕事帰りに後藤に呼び止められた。
 怒られるのではと、少しびくびくしながら神妙に彼の指示に従った。
しかし、彼の目的は叱責ではなかった。

「お前に仕事だ」

 この言葉に助三郎は、安堵と共に小さな溜息をもらした。

「なんだ、仕事か……」

「その口振りはなんだ?」

 年配の後藤はギロッと若い部下を一瞥した。
怖い上司にギョッとした助三郎だったが、怯まず彼の思うところを述べた。

「……御老公がいらっしゃらないので、気合いが出ません」

 慕っていた光圀が亡くなった事による喪失感は職場の皆が背負っていることだった。
しかし、助三郎にはさらに大きな物が有った。

「お前の不満は、渥美だろう?」

「……はい」

 早苗は光圀の死後、一度も出仕していなかった。
それ故、助三郎の眼の前で変身する事もなかった。
 親友に会えない、職場で一緒に働けない助三郎は、気合いと張り合いを失っていた。
しかし、後藤はその事よりも佐々木家の夫婦を心配していた。
 光圀から、託されてもいたからだった。

「……もう少し、女の早苗殿を可愛がってやれ」

「……はい」

 助三郎は神妙に返事をした。
その様子に、少し安堵した後藤は本題に入ることにした。

「さて、仕事だが…… お前と、渥美に出仕命令だ」

 助三郎は表情が明るくなり、飛び上らんばかりに喜んだ。

「誠でございますか!?」

 呆れ顔の後藤は釘を刺した。

「『仕事』だ。今から言う内容にも喜ぶではない。良いな?」

「……して、その内容は?」

 助三郎は身を乗り出した。





「早苗! 江戸で仕事だ!」
 
 助三郎は帰って来るなり、早苗に告げた。
嬉しそうな夫に、彼女は聞いた。

「それって、わたしも?」

「あぁ。明後日の朝出立だ」

 急な出立に、二人は大わらわで支度を始めた。
江戸へ行くのに必要な路銀、着物、薬、などなどを早苗は真面目に詰め込んでいたが、
助三郎は他所事をし始めた。
 一人で将棋の碁盤の前に座り、駒を並べたかと思うと、一人で指し始めた。
 不可解な彼に早苗は近づき、覗きこんだ。

「……ねぇ。なにしてるの?」

 助三郎は集中した様子で、碁盤から目を離さずボソッと言った。

「……練習」

 パチンと駒を盤に置く音が響いた。

「なんで?」

「……格さんに今度こそ勝ちたいから」

 意外な言葉に、早苗は噴いた。
助三郎は今まで一度たりとも早苗に勝利したことが無かった。
 妻が笑い転げる様子を不満げにちらっと見たが、すぐに将棋盤との睨めっこを始めた。
 くすくす笑いながら、早苗は彼をからかった。

「大丈夫? 勝てる?」

 すると助三郎は不機嫌そうに言った。
 
「格さんが強すぎなんだ!」

 早苗が助三郎に勝てるのは、柔術と将棋。
これだけは譲れなかった。

「フフッ。勝ち方教えてあげようか?」

 早苗は悪戯っぽく笑った。
助三郎は真剣な眼差しで、膝を進めた。

「頼む」

 そんな彼の耳元で彼女は意地悪く囁いた。

「……教えてあげない」

 逃走を図った彼女だったが、助三郎にはすぐさま捕まえられた。

「言ったな!? こいつ!」

 彼は早苗をギュッと抱きしめ、離さなかった。
そんな彼に、早苗も笑うだけで反抗はしなかった。

「なにするのよ!?」

「離してやらない!」

 ……イチャイチャ夫婦の夜が過ぎて行った。





「久しぶり!」

 助三郎はしばらく振りの格之進を見た途端、満面の笑みを浮かべた。
しかし、当の本人はあっさり受け流した。

「あぁ。じゃあ、早いとこ支度しよう」

 その態度が不満な助三郎は膨れっ面になった。

「……なんだよ。久しぶりなのにその態度は」

 早苗は、遠くを見る目付きで呟いた。

「……さて、今度は何時まで持つかな?」

「……どういう意味だ?」

「分からないのか?」

 頭を捻り始めた彼の頭上から、声が聞こえた。
それはお銀だった。

「教えてあげるわ。枕抱き締めて『早苗……』って泣くのよ」

「なんだと!?」

 助三郎は怒鳴った。
しかし、そんなことで怯むお銀ではなかった。

「だって本当の事じゃない。ねぇ? 弥七さん」

 彼女の隣にはいつの間にやら弥七がいた。
彼もお銀に便乗し、助三郎をからかった。

「あぁそうさ。早苗さん一筋だからなぁ。助さんは」

 ニヤニヤする二人を見上げ、助三郎は顔を紅くして怒った。

「からかうんじゃない!」

 一方、早苗はそんな騒ぎを他所に武士の旅装の仕上げをしていた。
特に身分を隠す必要のない江戸までの旅。
 武士の格好のまま、向かうことになっていた。
 ただ、一つ不満が有った。
 
 それは腰に差した大小だった。
 引き抜いたり、差し込んだりと試行錯誤している姿に助三郎が声を掛けた。
その声は若干震えていた。

「格之進……」

「どうした? ……あ」

 助三郎の視線は、早苗が触れている刀に注がれていた。

 助三郎は格之進の『刀』の名が付く物を持っている姿に、恐怖し震える。
早苗の姿で『包丁』は平気になった。
 しかし、彼の特殊な刃物恐怖症、完治してはいなかった。
 すべては、早苗が起こした自害未遂が原因だった。
 その負い目がある早苗はすぐに腰の刀を触るのを止め、助三郎を安心させようとした。
 
「これは絶対抜かないから。心配するな」

 しかし、助三郎は申し訳なさそうに頭を下げていた。

「すまん…… ほんとうに、すまん……」





 水戸を出立し、江戸の藩邸に着いた二人は、正装に身形を改め謁見の間に居た。
中々現れない藩主を待っているうち、早苗は隣の男の視線を感じた。

「……どうかしたか?」

「いや、お前裃似合うなって……」

「そうか? お前の方が何百倍も似合う男前だろ?」

 思った通りの言葉を口にした早苗の眼の前で、助三郎は大きな溜息をついた。

「……はぁ」

「なんだ?」

 助三郎は、『格之進』に失礼なことを言った。

「……早苗に言われたら嬉しいんだよ。でも、お前に言われると惨めになる」

「なんで?」

「お前の方が男前なんだよ! 女にモテるしさぁ!」

「俺は女だ! 男前でもないし、モテもしない!」

 早苗が怒鳴ったと同時に、襖が開いた。
殿さまのそばに仕える、小姓だった。
 彼は、二人に感情を抑えた声で言った。

「殿が御見えになります」

 二人は口喧嘩を止め頭を下げた。
そして、少しすると声が掛かった。

「苦しゅうない。面を上げよ」

「はっ」

 二人はこの時、自国の藩主、徳川綱條(*2)と初めて対面した。
彼等は、綱條に亡き主の面影を見出そうとした。
 しかし、息子ではない。血は甥なので繋がってはいるが、あまり似ていない。
 二人は少しばかり落胆した。

「……すまんな。忙しくて、遅れてしまった」

「いいえ…… 滅相も……」

 恐縮していると、藩主自ら正座を崩し、二人にこう告げた。

「まずは、その方らに礼を言う。義父上の旅の供、ご苦労だった」

 この言葉で、元お供二人の脳裏に数々の旅の出来事が浮かんでは消えた。
楽しい思い出、悲しい思い出、つらかった思い出、様々あった。
 その中すべてに、光圀がいた。
 しかし、その光圀はもういない。
 改めて、喪失が大きかったことに気付かされた二人だった。


 その日は、時間が許す限り三人で光圀の思い出話を語り合った。
忙しい綱條は、二人の話で気分転換が多いに出来たようで満足そうに部屋を後にした。

「また、話を聞かせてくれ」
 
 



 数日間、二人は藩主の話し相手をしていた。
今回の仕事は、ただそれだけだった。
 綱條は、諸国漫遊の話に夢中になった。
 江戸から出た事のない彼は、二人の話を熱心に聞いた。
その一方で、彼は二人に国の将来について語ることも多々あった。
 
 そんなある日、綱條は大層疲れた様子でやってきた。
話の中である男が出てきた。
 その名前を聞いた二人はピンと来た。

「……柳沢様でございますか?」
 
 助三郎が確認を取ると、綱條は苦々しく吐き捨てた。

「様など付けんで良い。あのような小さい男……」

 そんな姿を眼にした早苗と助三郎は顔を見合わせた。
イライラした様子の藩主は、話を続けた。

「……あの男は、義父上が無くなってからやりたい放題だ。
上様や御生母、桂昌院(*3)様の顔色をうかがい、政治を操るのが目に見えてきた」

「と、いいますと?」

「毎年三月に勅使が京から来る。わしもそれで今忙しいのだが…… 柳沢は朝廷の勅使に工作するつもりらしい。……なにをするか、わかるか?」

 そう投げかけられた二人は首を傾げた。

「はて…… 見当がつきませんが……」

「……桂昌院様の従二位(*4)をお授け下さるよう、打診するつもりだそうだ」

 この答えに、助三郎がすぐさま反応した。

「では、もし許可が出て、従二位を頂ければ……」

「桂昌院様は喜び、上様も喜ぶ。そしてそれは柳沢の手柄」

 吉保の事を毛嫌いしている水戸藩主は、家来を相手に日頃の鬱憤を発散していた。
少し迷惑な話だが、早苗と助三郎は興味深く彼の話を聞いていた。

「……して、殿はどうされるおつもりですか?」

 助三郎がそう窺うと、綱條は天井を睨み不満げに漏らした。

「なにもできんから不満なのだ。だが、何かあの男を追い詰めるいい物が有ればいいな……」





 江戸へ来てしばらく経ったある日、助三郎は町人の着流し姿でぶらぶら歩いていた。
藩主は江戸城に詰めており、佐々木、渥美両名の仕事は無かった。
 せっかくの休みを、早苗と過ごそうかと思っていた彼だったがその計画は潰えた。
 彼女は親友の由紀の家で、町人の友、お孝を交えておしゃべりに熱中。男が入る隙間など無かった。
 それならば、由紀の夫で紀州藩士の与兵衛と飲みにでも…… と考えたが、彼は仕事で留守だった。
 最後の頼みの綱、町人の友達でお孝の相手、新助の家まで足を運んだが彼も居なかった。
 
「なんで皆居ないんだ?」

 そうぼやいて、助三郎は着物の袖に手を突っ込み、ぶらぶら歩いていた。
突然、閃いた様子で手を打った。

「そうだ! 早苗と格さんを分離する方法を考えよう! ……義父上に頼めば出来るのか?」

 不可能に近い事を一人で考えながら、彼は散歩を続けた。

 昼ごろ、襷掛けの侍が小走りで助三郎の隣を通りすぎて行った。
喧嘩か何かと思い、受け流そうとしたがその顔に見覚えが有った。

「あれ? どこかで見たような……」

 考えていると、先ほどの男が戻ってきた。
息を弾ませ、肩で呼吸をする彼の顔を助三郎はとらえた。
 そして、彼が誰なのかを思い出した。

「ひょっとして、安兵衛さん?」

「ん? なんだ?」

 厳つく、怖そうな顔の男がじろっと助三郎の眼を見た。
若干さっきだったその眼に、助三郎は驚いたが、逃げはしなかった。
 すると男は助三郎の顔をまじまじと眺めた後、ぱっと笑顔になった。

「あ、助さんか? 久しぶり!」

「お久しぶりです」

 やっと認知してくれたことにホッとした矢先、彼に男は真面目な口調で挨拶をした。

「そうだ。……助三郎殿、御老公の事、お悼み申し上げる」

「……安兵衛殿、お心遣い忝い」

 武士同士の形式の挨拶を済ませた後、安兵衛は助三郎の肩を叩いて笑った。

「しかし、元気そうで何よりだ。よかったよかった!」

 安兵衛と呼ばれた男は、播州赤穂藩(*5)藩士、堀部安兵衛(*6)。
以前、彼を悩ませた『嫌がらせ』を光圀が解決したことが縁で知り合った。
 彼の妻、ほりと早苗は文通もしていた。

 男同士の再会を喜び合ったが、助三郎は申し訳ない気持ちになっていた。

「……お忙しいみたいで。すみません、呼びとめてしまって」

「いいや。気にしないで。どうせ、時間が掛かる…… もしかしたら、ダメになるかもしれん……」

 豪快に笑っていた彼の顔が曇った。
それに気付いた助三郎は、その原因は何か聞き出そうと試みた。

「今、なにをなさってるんです?」

「……畳職人を集めている」

 武士の仕事では到底ない。
助三郎は不審に思った。

「集める? なぜ?」

「だよなぁ。誰だってそう思う。まぁ、立ち話もなんだから……どうだ?」

 安兵衛は手で、酒を飲む仕草をしながら助三郎を誘った。
暇を持て余していた彼は躊躇することなく、その誘いに乗った。





「生き返る!」

 安兵衛は一気に酒を飲み干し、さも満足といった様子でお猪口を置いた。

「良い飲みっぷりですね。もう一杯!」

 助三郎は、そのお猪口に酒を注いだ。
それをすぐさま安兵衛は飲み干した。

「やっぱり、酒は良い! 疲れが取れる! さぁ、助さんも飲んで!」

 二人で飲んでいると、店の女将が空いた酒瓶を取りに来た。
そして新しい酒瓶の代わりに、小言を置いて行った。

「あんた、せっかく仕官できたのに、まだ飲んでんのかい?」

「いいだろう? 疲れがたまっちゃ、仕事は出来ない! そう言うことだ」

 声を張り上げると、店の奥から中年の男がやってきた。

「おう。どこかで聞いた声だと思ったら、安兵衛さんじゃねぇか。最近どうだ?」

 彼は自分の酒瓶とお猪口を片手に、安兵衛の隣に座った。

「忙しい! だから飲みに来れないんだ」
 
「お疲れだねぇ。まぁ、これは俺の奢りだ。一杯飲んで、頑張りな」

「忝い! 親父!」
 
 助三郎は、彼らの様子を傍らで見ていた。
すると、安兵衛は嬉しそうに呟いた。

「皆、ちっとも変わらない。良いやつらだ」

「うらやましいです…… あ、ところで、なぜ畳職人を集めてるんでしたっけ?」

「畳が要るんだよ…… 大量に」

 イヤな事を思い出した安兵衛は、酒の肴の胡瓜の漬物を箸で突き刺し、口に入れた。
仇を討つかのように、音を立てて噛み砕いた。
 それを見届けた助三郎は、質問を続けた。

「一体、何畳畳が要るんですか?」

「聞いてあきれるなよ。これだ」

 安兵衛は持っていた箸を突き立てた。

「……二十畳?」

「いいや。そんなに少しなら、俺は今頃家で寝ている」

 再び、漬物を齧り始めた彼に、助三郎は半信半疑で言った。

「まさか……二百畳?」

 安兵衛はこくりと頷いた。

「二百畳!? 何なんですか、その途方もない数は!?」

 漬物を酒で流し込んだ安兵衛は、そのいきさつを話し始めた。


 彼の話から、主である赤穂藩藩主、浅野内匠頭長矩(*7)が大役を仰せつかった。
それは朝廷の勅使を迎え、接待する役目。
 そして、彼の欲しがる『畳』は、勅使を迎える増上寺(*8)の畳ということだった。


「ですが、なんで急に一気に二百畳も? 普通、事前にわかるでしょう?」

 助三郎は素朴な疑問を投げかけた。

「そうだ。それが普通だ。だがな、普通じゃない奴がいたんだよ……」

 不満気な表情を浮かべ、安兵衛は酒を飲み干した。

「それは?」

「ご指南役の吉良様(*9)だ。あの爺さん、畳替えも最初はしなくて良いって言ったらしいんだ。
なのに、今朝の下見で『なぜ畳が古いままじゃ!?』って怒ってな」

「それで、今日安兵衛さんが?」
 
「あぁ。仲間も走り回ってる」

「しかし、なぜ吉良様は浅野様にそのような仕打ちを?」

「……いじめられているような気がする。おそらく……」
 

 その時、店に男が走り込んできた。
彼は、安兵衛を見つけるなり、走り寄ってきた。
 
「あっ安兵衛さん居た! なに呑気にお酒……助さん!?」

 彼は目当ての男と一緒に酒を飲んでいる助三郎に気付き、驚いた。

「よう! 新助、久しぶり」

 男は新助だった。

「お久しぶりです。そうだ! 安兵衛さん、畳屋の親爺たち、説得出来ましたよ!」

 再会を喜ぶ間もなく、彼は安兵衛に告げた。
すると、安兵衛は勢いよく立ちあがった。

「助かった! 新助さん、恩に切る! で、畳屋は?」

「源五さんたちに連れて行かれました」

「よし。俺もすぐに行かないと…… ここは俺が払……げ、財布が無い……」

 安兵衛の勢いがピタリと止まった。
酒で赤らんだ顔が青ざめるのを助三郎と新助はどうしたものかと黙って見ていた。
 しかし、そこへ店の女将がやってきた。

「なんだい? 金が無いのかい?」

 怒った様子ではなく、『またか』といった体で彼女は呆れ口調だった。
そんな彼女に、安兵衛は手を合わせた。

「頼む! 今日はツケで!」

 その姿に女将は笑い、快くツケを許した。

「仕方ないねぇ。いいよ! 早く仕事に行きな」

「忝い! では、助さん、新助さんまた!」

 安兵衛は勢いよく店を飛び出した。




 彼の遠ざかって行く後姿を眺めながら、助三郎は呟いた。

「吉良様…… 浅野様をなんで苛めているのかな?」

「え? お武家でも、苛めってあるんですか?」

 さも意外だといった様子で言った。
そんな彼を助三郎は笑った。

「そりゃあるさ。武士だって人間だからな」

 しみじみと助三郎は言った。
生きる世界が、身分が違っても同じ人間。大差など無い。

「でも、厄介な事にならなきゃいいんですけどね……」

「だな…… 武士はちょっと間違うと、命にかかわる……」

 二人でぼんやり立っていると、新助が切り出した。

「そうだ、助さん。おいらと飲み直す気、無いですか?」

「有るに決まってるだろ? 女は放ってとことん飲もう!」

 男二人の大事な相手は、今でもおしゃべりの真っ最中に違いなかった。

「では、行きましょう! いい店あるんですよ……」



 数日後、助三郎と新助の心配は現実となった……
関連記事
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【 〈02〉 喪失】へ
  • 【 〈04〉 衝撃】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。