FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ← 〈04〉 衝撃 → 〈06〉 春の名残
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「雪割草シリーズ」
凌霄花

 〈05〉 松の廊下

 ← 〈04〉 衝撃 → 〈06〉 春の名残
遡る事その日の朝、ある男は天を仰いで呟いた。

「曇りか……」

 それは播州赤穂藩藩主、浅野内匠頭長矩。
 
 彼の呟きを傍で聞いていたのは、彼と同じ播州の龍野藩藩主、脇坂淡路守安照(*1)。

「浮かぬ顔だな。浅野殿」

「これは、脇坂殿……」

 淡路守に、丁寧に挨拶をした。
先輩に当たる彼は、腕を組み空を見上げてこう言った。

「また奥方の事を考えておったな?」

 その言葉に、照れた内匠頭は頭を掻いた。
言われた事は事実。
 彼は正室、阿久里(*2)と仲睦まじかった。
美しく優しい彼女と幸せに暮らしていた彼の唯一の悩みは、子が出来ない事。
 仕方なく弟(*3)を養子にしている。

 その日、彼はある約束を彼女として来たばかりだった。

「羨ましい。俺のは嫉妬深くていかん」

 彼は指で角がニョキッと出る仕草をして、内匠頭を笑わせた。

「そのような事おっしゃって、叱られますよ」

「あ、もっと角が伸びるかもしれん。おぉ怖い」

 笑い合った後、内匠頭は大きな溜息をついた。
 彼の心情をよく理解している淡路守は、穏やかに励ましの言葉を掛けた。

「……お役目お疲れ様。あとひと踏ん張りだ」

「はい……」

 しかし内匠頭は酷く思い詰めた暗い顔になってしまった。
彼を元気付ける為、淡路守は自身の経験から語った。

「……俺もあの爺さん大嫌いでな。お役の時、何度張り倒してやろうと思った事か」

 苦々しい顔を見て、内匠頭の顔は少し明るくなった。

「某だけが、嫌がらせを受けているだけかと思っておりましたが……」

 内匠頭への執拗な嫌がらせは、日々悪化していた。
畳替えの一件もその一つ。
 淡路守は続けた。

「どうやら苛めが生きがいになっておるようだ。高家の悲しい性かもしれんな……」
 
 高家は大名に比べ石高が低い。
吉良家と浅野家のそれには大きく開きがあった。
 旗本が『指南』という大義名分で大名に大きな顔が出来る。
 
 もっとも、『指南』に対する『礼』を尽くせば良かった。
しかし、内匠頭は『礼』即ち『賄賂』を渡すことを家臣に認めなかった。
 この事が、彼への苛めの原因の一つだった。

「……では、そろそろ支度に参ろう」

 内匠頭は淡路守と別れ、支度部屋へと向かった。




 少しの後、内匠頭は二人の近習に着替えを手伝ってもらっていた。
年長の方の男の名は片岡源五右衛門(*4)内匠頭お気に入りの家臣だった。
 それ故、億さず忠告もできる。
この時も、主にずっと同じ事を念押ししていた。
 
「……殿、成らぬ堪忍、するが堪忍でございます」

「わかっておる」

 もう一人の近習から扇子を受け取り、帯に差しこんだ。

「本日の儀式が終われば、お気持ちが楽になります。今少しの辛抱を」

 内匠頭は、子どものようにふてくされた顔で溜息交じりに言った。

「わかった。吉良には辛抱する……」

「殿!」

 指南役で、しかも年長の男を呼び捨てにする無礼を窘めた。
しかし、主は反省などしなかった。

「言っておくが、源五、俺は何も悪くない。悪いのは吉良様だ。指導もろくにして下さらないですぐに叱責する。理不尽だとは思わんか?」

「……それは、そうかもしれませぬが」

 彼はいつも主の傍にいたので、良く分かっていた。
指導を請うため、訪ねて行っても何かしら理由をつけて面会さえほとんどできなかった。
 それ故、内匠頭の不満も尤もだった。

「もう良い。それより、晩の花見の為に酒を用意しておいてくれ」

「はっ。心得ました」


 阿久里とした約束は、花見だった。
屋敷の庭に咲く桜が満開。
 妻の琴の調べを聞きながら、今夜は花見を楽しむ予定だった。
 その楽しみを思ってか、内匠頭の顔はすこしばかり穏やかになった。
そして、支度を済ますと近習に告げた。
 
「頼むぞ。では、行ってくる」

「行ってらっしゃいませ」

 主を送り出すと、部屋には近習二人だけ。
主の袴をたたみながら、源五右衛門は隣の男に声を掛けた。

「十郎左(*5)、殿のお気に入りの酒を買わねばならんな」

「はい。馳走も、用意せねばなりませぬな?」

 そう言いながら、彼は主の為に用意した予備の衣装を奥から取り出し、眼の前に置いた。

「……片岡殿、これを使うことなど、あるのでしょうか?」

「まだ気を抜いたらいかん。もしもの場合があるからな」


 その言葉通り、内匠頭は突然部屋に戻ってきた。
顔は酷く青ざめていた。
 動揺している主と反対に、源五右衛門は穏やかに窺った。

「殿、いかがなされました?」

「……烏帽子大紋(*6)であった。……もう終りだ」

 その時、内匠頭が身に着けていたのは熨斗目《のしめ》の着物(*7)に麻裃《あさがみしも》。
吉良から伝えられた服装のはずだった…… 
 しかし、待ってましたとばかりに源五右衛門は同僚に目配せし、先ほど彼が眺めていた着物、烏帽子大紋を差し出した。

「……これは?」

「このようなこともあろうかと、持参致しました」

 不測の事態に備え、彼は手を打っていた。
内匠頭は喜び、近習に頭を下げた。

「源五、十郎左、本当にかたじけない! お前たちのおかげで、恥をかかずに済んだ!」

 今にも泣き出さんばかりの震える声で、彼は礼を述べた。
家来二人も頭を下げ、部屋はしんみりとした空気が流れた。

「頭をお上げください。某は当然のことをしたまででございます」

「そうでございます。殿、早く御召し替えを」
 
「わかった……」

 二人に促され、素早く着替えを済ませた内匠頭は、笑顔で二人に別れを告げた。

「行ってくる」

「行ってらっしゃいませ」




 ……これが、主従で言葉を交わした最後になった。





 内匠頭は、指南役である吉良上野介義央を探していた。
しかし、彼はなかなか見つからない。
 焦り、苛立ち、緊張、怒りが混じり合い彼の心は酷く荒れていた。 
松の廊下(*8)で、彼の眼はようやく探す人物を捉えた。
 素早く彼に近づき、挨拶をした。しかし、彼はそっぽを向きろくに挨拶を聞いてはいなかった。
苛立ちを覚えた内匠頭だったが、ぐっとこらえ本題に入った。
 
「お教え願います。勅使のお出迎えは、式台の上で致しますのでしょうか? それとも下でございましょうか?」

「……はて。ご自分でお解りにならぬか?」

「経験がござらぬゆえ……」

 上野介は溜息をつき、余所を見ながら厭味ったらしくぼやいた。

「どうして近頃の若い方はご自分で考えようとなさらぬのかの? それに、なぜ柳沢様はこのような阿呆を勅使に任命されたのか……」
 
 内匠頭は彼を睨みつけた
阿呆呼ばわりされた屈辱に、必死に耐えようとした。
 唇を噛み締め、手を握り締め深呼吸をした。
 すると、そこへ男が駆け寄って来た。

「あぁ。ここに居られましたか、殿」

「どうかしたか?」

 上野介の家来らしき男が、なにやら手に持っていた。

「この文を……」

「少々失礼…… ふむ……」

 文に眼を落した彼だったが、その眼が冷たく光った。
文を突然、内匠頭に見せつけた。

「そなたの奥方からこのような返歌が来ましたぞ」

「……返歌? なぜ?」

「わしが送った物の返答ではござらぬか?」

 不可解な言葉に、内匠頭は動揺し始めた。

「……失礼ながら、阿久里に?」

「……この前、寺参りでばったりお会いしてな。美しい奥方じゃ。……田舎侍には勿体無い」

 ここで、内匠頭は眼の前の老人が自分の大切な妻に、横恋慕しているという恐ろしいことに気付いた。

「余計な、お世話かと……」

 猛烈な怒りを感じてはいたが、挑発には乗らずに感情を押し殺そうと努力した。
そんな彼が面白くなく、返歌の内容も気にくわない上野介の眼は、意地悪く光った。
 
「しかし、情けないのぅ…… そなたの奥方は、ご自身で歌を考えられぬようじゃ。誰ぞと同じじゃのう」

「……はい?」

 なにかが空を切って飛んできた。
 内匠頭の袖の上に、先ほど上野介が手にしていた短冊が乗っていた。
そこに書かれていたのは紛れもない、妻の文字。

 さらぬだに をもきがうへに 小夜衣
  わがつまならぬ つまな重ねそ(*9)
 
 内容を理解した内匠頭は、上野介を見上げた。
彼は人を小馬鹿にした笑みを浮かべ、内匠頭の妻を愚弄した。

「お解りにならぬか? 本歌取り(*10)はおろか、丸のまま取って来ただけではござらぬか?」

 妻の上野介に対する拒絶と抵抗、自分に対する貞操を内匠頭はその歌に見た。
老人の横恋慕に、自身で頭を捻って歌を詠む価値などない。
 阿久里はそう判断したのだった。
 冷静な妻を思い、目の前の男を蔑んで内匠頭はフッと笑った。
 
 一方、目ざとく見ていた上野介は厭味を続けた。

「……見た目だけ美しくとも、中身が無ければ意味が無い」

 この言葉に、カチンと来た。
顔の表情にそれが現れ、上野介を喜ばせてしまった。

「浅野殿はご自分で物事を考えられぬ。奥方様も同じこと。|あこう《・・・》の殿様が|あほう《・・・》なら、その奥方もあほうか。ハッハッハ!」

「おのれ……」

 老人に更に強い怒りを覚えた。
彼の我慢の限界が近づいていた。
 知らぬ間に、彼の左手は脇に差した小太刀の鞘を、右手は柄を握っていた。

「……おや? 刀を抜く気か?」

 上野介は内心怯えた。
しかし、彼は解っていた。刀を抜けば、お咎めは必定。
 普通の武士ならば、身を滅ぼしかねない行為は慎む。それ故、自分の身は安全。
 強気を装いながら彼は苛めを続けた。

「……そのような物を抜いたら、どうなるかお解りにならぬか?」

 内匠頭は我に返った。
 手を刀から離すと、畳に手を尽き無礼を詫びた。

「……御無礼、つかまつりました」

「……一応は、解っておられるようじゃな」


 内匠頭は心を落ちつかせる為、眼を瞑った。
彼の瞼に、今朝自分を見送ってくれた妻の顔が浮かんだ。

『お帰りをお待ちしております』

 次に、国元の留守を任せた家老の顔が浮かんだ。

『短慮はいけませんぞ。殿』

 そして、最後に先ほど別れた家臣が。
  
『いってらっしゃいませ』

 彼らとした約束を守るため、彼らの命を守るため、内匠頭は耐えた。
一時の気の迷いで、すべてを失い、傷つけることもある重要な立場にある己の身を自覚した。
 呼吸を整え、己の心の平安を取り戻したと思われた。

 しかし、老人は卑劣だった。
 大人しくなった若者を挑発し、再び虐めるべく、悪口を並べ立てた。

「この世には美しく賢い女子が山と居る。それなのに、目の前のあほうな奥方だけを可愛がる。まるで……あれじゃな、あれ…… そうじゃ、『井の中の蛙』あ、鮒じゃな、鮒」

 再び怒りに震え始めた内匠頭を見て、上野介は子どものようにおどけはじめた。

「内匠頭殿にちょうどいい。鮒じゃ、鮒、鮒侍じゃ! 鮒殿は雌鮒と国の井戸で仲良く泳いで居られる方がよろしかろう? はっはっはっは!」





 ついに、内匠頭の堪忍袋の緒が音を立てて切れた。
 
 自分を愚弄し、更には大事な妻に不埒な想いを抱いた。
そして、上手くいかなかったと見るや彼女の散々な悪口を並べ立てた。
 その陰湿極まりない老人を、彼は許せなかった。

「上野之介!」

「なんじゃ? あぁ!」

 内匠頭は抜刀していた。
この段階でお咎め間違いなし。しかし、後戻りは出来なかった。
 逃げようとする憎い老人目掛け、刀を振りかぶった。

「この間の遺恨覚えたか!」

 怒声と共に、彼は老人の脳天めがけ、刀を振り下ろした。
その切先は額を切り裂いた。
 パッと血飛沫があがったものの、被っていた烏帽子の縁が短刀が深く斬り込むのを食い止めた。
 
 内匠頭の手に、ガツンという鈍い手ごたえが伝わった。
しまったと思った彼は、二の太刀を繰り出した。
 しかし、狙われた上野介は身の危険を感じ、身を翻して逃げ出した。
その老人の背中に向かって再び大きく刀を振りかぶり、一太刀浴びせた。
 その衝撃で上野介は、畳に倒れ込んだ。その留めを刺そうと、刀を持つ手に力を入れ、刀を構えようとしたが、腕はピタリと止まってしまった。
 内匠頭の背後で、男が猛烈な力で羽交い絞めにしていた。

「浅野殿、殿中でござる! 刀をおしまいなされませ!」

 耳元で怒鳴る男の言葉は、怒りに燃える内匠頭の耳には届かなかった。
彼は羽交い絞めから抜け出ようともがいた。
 しかし、男はひるまなかった。

「浅野殿! しっかりなさいませ!」

 もう一度耳元で大声をあげた。すると、内匠頭は最後の力を振り絞り持っていた刀を投げつけた。
 彼の眼には、その場から人々に守られながら立ち去る上野介の姿が映っていた。
彼は悔しそうに叫んだ。

「卑怯なり、上野介! 待て!」





「しまった! やってしまったか!」

 内匠頭の友で先輩の淡路守は、騒ぎを聞きくなり松の廊下に急いだ。
そこでは野次馬の各藩の大名がひしめき合い、騒がしかった。
 彼らの隙間を縫い、ようやく彼の眼に内匠頭が映った。
 彼は駆けつけた侍たちに囲まれ、身動きが取れる状況ではなかった。
ぐったりと力無く項垂れて畳に座りこんでいた。その彼の近くには刀が落ちていた。
 そして畳には血の跡が。
 赤い点々を眼で追って行きついたのは、刀傷を負った上野介。 
 
「あの、若造めが…… あぁ、痛い…… 死ぬ……」

 彼はみっともなく額を抑え、茶坊主(*11)に両脇を抱えられ泣き言を言いながらよろよろと歩いていた。
その光景に、淡路守の怒りが沸々と沸き起こった。
 そして、彼は行動に移した。

 彼らにつかつかと歩み寄ると、わざと正面にぶつかった。

「申し訳ございませぬ……」

 茶坊主はすぐに謝った。しかし、憎い上野介は無言。
 淡路守はこれ幸いに彼を睨みつけ、自身の身に付けている大紋の袖を見た。
そこに白く染め抜かれた輪違い(*12)の家紋には、真っ赤な血が。
 それをこれ見よがしに、上野介に見せつけた。

「無礼者! 当家の家紋に血をつけるとは何事だ!?」

 手に持った扇子で老人の頭をパシンと強く打ちつけた。

「あぁ……御無礼を……」

 老人は大げさにうめき声を上げながら歩み去った。
 それを禍々しく睨みつけた後、淡路守は天を仰いだ。

 内匠頭は彼を取り囲んでいた侍たちに、取り調べのため別室に連行されて行こうとしていた。
その様子を、短慮だ、乱心だと鼻で笑う大名もいたが、彼に同情する大名も少なからず居た。
 彼等は、内匠頭を哀れそうに眺め、溜息をつくと各々の持ち場へと戻って行った。
 
 人気が無くなった松の廊下に残っているのは淡路守ただ一人となった。
彼は、血が染みついた畳の傍に立ち友の無念を慮った。

「無念であろう……」

 我慢が出来ないほどの、酷いいじめ。
それに気付いていながら、助けられなかった自分を悔いた。
 そして、何者かに羽交い絞めにされたことで、憎き敵に止めを刺せなかった武士としての無念さに心を痛めた。
 その彼の傍に、男が寄って来た。

「……殿、早く御召し替えを」

「……あ? あぁ」

 淡路守は家臣であるその男と、控室に下がって行った。
 
 彼はこの後、着替え所ではなくなった。
先ほどの男を怒鳴りつけ、有り余る怒りで一発殴った。
 なぜなら、彼こそが内匠頭を羽交い絞めにした男、梶川与惣兵衛(*13)であった。


 


「……殿は、その現場をご覧に?」
 
 大まかな事件の流れを藩主綱條から聞き終えた助三郎は、そう聞いた。
 すると、藩主は顔を歪め手を握り締め不快を露わにした。

「すべて終わってから、報告だけを聞いたのだ。あの、あの腹黒い柳沢に!」

 あまりにすさまじい形相に、それまで黙っていた早苗がそっと声を掛けた。

「殿。あまり苛立ちますと、お身体に障るかと……」

 その声で我に返った綱條は、深呼吸をすると穏やかな口調に戻した。
そして事件後、内匠頭が切腹の沙汰を受けるまでを話し始めた。
関連記事
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【 〈04〉 衝撃】へ
  • 【 〈06〉 春の名残】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。