FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ← 〈05〉 松の廊下 → 〈07〉 西国へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「雪割草シリーズ」
凌霄花

 〈06〉 春の名残

 ← 〈05〉 松の廊下 → 〈07〉 西国へ
事件はすぐさま柳沢吉保の耳に届いた。
その瞬間、彼は感情を露わにして怒った。

「なぜこんな時に刃傷沙汰など!」

 手にした扇子を圧し折り、畳に投げつけた。
主の怒りに恐れおののいた彼の家来は、慌てふためき周囲を走り回った。
 折れた扇子の代わりを運んで来る者、茶を淹れる者……
 しかし、当の本人はすぐさま怒りを抑え静かに皆に告げた。

「少しの間一人にしてくれ」

 彼はそう言い残すと、狭い部屋に閉じこもりドカッと胡坐をかいた。
壁と睨めっこをしてなにやら考えた後、突然ニヤリと不敵な笑みを浮かべた。

「ただでは済まさんぞ、赤穂の若造が……」

 そして彼は部屋から出ると、まっすぐに主の元へと向かった。





「なんだと!?」

 将軍綱吉も報告を聞くなり、驚きと不快感を表に出した。
そんな主に乗じ、吉保は先ほど考えていたことを口にした。

「……勅使の儀式は大切なもの。それを血で穢すとは言語道断」 

「そうだ。大事な儀式であったのに。母上はさぞ嘆かれるに違いない……」

「いかにも。ましてや桂昌院様が忌み嫌っておられる殺生まがいの行為、許されるべきではございません」

 大真面目にそう述べ、主の怒りを煽った。
すると、綱吉は声を荒げて言い放った。

「即刻切腹だ!」

 吉保は、心の中でニヤリとした。
しかし、面は違う。
 
「……切腹でございますか? しかし、もう少し取り調べを行ってからでも?」

 吉保は驚きの表情を浮かべながら言った。
彼の思い通りの方向に事は進み始めていた。

「情けは要らん。浅野は今日中に切腹、吉良は……褒美でもやっておけ」

「そうでございますか?」

 最後の詰めで、やんわりと確認を取った。
すると、主は吐き捨てた。

「命令だ。浅野切腹、吉良咎め無し。問答無用!」

 苛立つ五代将軍は、吉保の前から足音を立てながらを去っていった。
忠実な家来である彼は、行儀正しく頭を下げた。

「はっ。仰せのままに」



 少しの後、顔を上げた彼は静かな部屋の中で怪しく笑い始めた。

「……これで良い。」

 綱吉の弱みに付け込んだ作戦は、まんまと成功した。
おもしろくて仕方が無い彼は、笑いながら部屋の奥へと進み、いつも主が座る上座には腰掛けた。
 そしてふんぞり返って広い部屋を眺めた。

「俺の天下だ…… 俺の時代だ……」

 政の実権を握っているのは、柳沢吉保。将軍のお気に入りも柳沢吉保。
彼に怖い物はもう無かった。
 唯一の目のたんこぶ、なにかと口出しをしてきた水戸藩の老人はこの世にすでにない。
 完全に彼の天下だった。

「さて、どれくらい儲かるものか……」
 
 彼は『赤穂』で儲けるつもりだった。
赤穂藩を潰し、藩士を追い出し、領土を幕府の直轄地である天領に変える。
 
 しかし、なぜたった五万石の領土で儲かるのか?
 
 その答えは、赤穂では良質な『塩』が生産されるからであった。
塩の権利を幕府が牛耳れば、儲けることができる。
 そこから得た富を政に使えば、国が潤う。
しかし、吉保はそんな男ではなかった。
 
「すべて、俺の物だ。俺にできない事は無い!」

 再び高らかに笑い声をあげた。
権力の絶頂にある彼に、何も怖い物など無かった。
 
 
 赤穂藩が彼の餌食となった。





 屏風で囲まれた狭い空間に、内匠頭は座っていた。
少々疲れた様子は見えるものの、彼の眼は座っており佇まいは凛としていた。
 そこから『刃傷沙汰の理由は乱心』と導き出せる筈はなかった。

 そんな彼の取り調べを行ったのは、近藤平八郎(*1)と多門伝八郎《おかどでんぱちろう》(*2)。
神妙な様子で部屋に入り、深呼吸をすると口を開いた。

「御役目によって、言葉を改めさせていただきます。
……その方、本日松の廊下にて吉良上野介義央に刃傷。なにか理由があってのことか? もしくは乱心か?」

 近藤平八郎が気乗りしない顔で、尋問した。
内匠頭は、はっきりと落ち着いた声で返答した。

「本日の刃傷は、恨みあってのこと。それがすべての理由でございます」

 この言葉を聞いたとたん、近藤平八郎は驚き顔になったが、その隣の多門伝八郎は膝を進めて低く内匠頭に言った。

「……乱心では、ござらぬのか?」

「はい。決して乱心などでは御座いませぬ」 

 近藤は落ち着くと、多門を突っ突いた。

「少しお時間を頂く。……多門、ちょっと」

 内匠頭を見張りに任せ、二人は廊下に出た。
途端に、近藤は困惑を口にした。

「……先ほど吉良殿は『何も恨まれるようなことはしておらん』と言っておった。どっちが本当だ?」

 二人は上野介にも話を聞いていた。
困惑する近藤とは対照的に、多門は力強く言った。

「そこを調べるのが我らの仕事」

「だが…… 恨みあってのことだと、厄介だぞ」

「恨みであろうと、乱心であろうと確かな真実を突き止めるのです」

「そうか?」

「では、そろそろ続きを」
 

 二人は精一杯の努力をした。
念入りに話を聞き、一言一句漏らすまいと調書を取った。
 しかし、事件の当事者である浅野と吉良の言い分の食い違いは消えなかった。

 内匠頭は『恨みがあった』と淡々と述べ、上野介は『何も恨みは無い』と泣き言を言う。
 どちらかが嘘をつき、どちらかが本当のことを言っている。

 しばらく頑張った後、二人は内匠頭の前を辞し、別室で相談し合った。

「……結論は今日中には無理だ」

「そうでしょうな。このような事件は時間を掛けて取り調べねばなりません」

「どうする気だ?」

「……もう少し時間を取ってくれと、上に掛け合いましょう」
  
「そうするか?」


 ……しかし、『上』は待ってはくれなかった。




 
「切腹!?」
 
 二人は吉保に呼び出されるなり、そう告げられ驚きのあまり声をあげた。

「上様の命だ。仕方あるまい」

 彼は冷徹に言い放ったが、そこには哀れみの欠片もなかった。
それに億さず、多門は意見を述べた。

「しかし、短慮ではございませぬか? まだ調べが足りず……」

 そのとたん、側用人は声を荒げた。

「浅野は即日切腹、吉良はお咎めなし。それで決定だ!」 

「そのような……」

「浅野殿は田村殿(*3)に預け、そこで切腹。検死(*4)を滞りなく行うように」
 
 そう業務命令を下すと、彼はその場を後にした。
残された多門は両手を強く握りしめ、歯を食いしばった。

「なぜだ? なぜ切腹など……」

 己の力の無さを悔い、若い藩主を哀れに思った。
しかし、彼にできることは何も無い。
 ただ、彼の最後を見届けるだけだった。





 

「佐々木。頼みがある」

 綱條は、庭を見ながら低く言った。
助三郎は、間髪おかず返事をした。

「はっ。なんなりとお申し付けくださいませ」

 彼は何の感情も込めず、形通り述べた。
主の命に従うのは、武士として当たり前。
 しかし、家来のその言葉を受けた綱條は満足げに助三郎を見て続けた。

「では、赤穂の動向を見張ってくれないか?」

 意外な言葉に、彼は驚いた。
徳川宗家に繋がる水戸徳川家の主が、西国の小藩ヘ肩入れする。
 彼の頭をあることが過ぎった。

「……殿は、まさか?」

 助三郎は思った。
主は『仇討ち』を望んでいる。
 
 少し恐ろしさを感じていた彼の心情が表情に表れたのを、綱條は見逃さなかった。

「……武士には、そうあって欲しいのだ。泣き寝入りなどして欲しくは無い」

 それは、武士として誰でも思うこと。
主を理不尽に失い、仇は無傷で生きている。
 恨みを晴らすのが、武士としての忠義である。
 しかし、同時に助三郎はある事に気付いていた。
 主が異常にこの事件に肩入れする理由。

「……恐れながら、柳沢様の件も原因ではございませんか?」

 恐る恐るそう窺うと、彼の思った答えが返って来た。

「それももちろんある。あの男の行為が間違っていたと言うことを、わしは知りたい」

 その言葉の奥に、『柳沢失墜』という言葉を助三郎は感じていたが深く追求はしなかった。
大人しく、素直に命に従うことにした。

「……わかりました。……殿の御命に、従います」

 助三郎の返事を満足げに見た後、水戸藩藩主は早苗を見た。
 
「……して、渥美はどうだ? この仕事、受けてくれるか?」
 
 早苗は、ぎくりとした。
二人の様子をただ見守っていただけだった彼女は、突然の話題振りに驚いた。
しかし、同時に違和感が彼女に沸き起こった。

 なぜ藩主は自分だけ、別に伺いを立てたのか。

 しかし、深く考えず早苗は返答した。

「はっ。佐々木と共にお受けいたします……」

「二人ならば、心強い」

 安心した様子の綱條だったが、再び表情は浮かない物に変わっていた。
庭へ向かって歩き出し、彼は手を虚空に差し伸べた。
 その手に、ひとひらの淡い色の花弁がそっと降って来た。
 それを見つめ、呟いた。

「……可哀想にな。まだ若いのに」
 




 丁度その頃、身柄を田村右京大夫の屋敷に預けられた内匠頭が白装束を身に纏い、死出の道を歩み始めていた。
迎えに来た多門の後に続き、ゆっくりと歩いていると彼は突然歩みを止め、庭を見た。
 
「浅野殿、桜が見頃でございますなぁ」

 その途端、『桜』という言葉に猛烈な罪悪感を彼は抱いた。
その日の晩の、妻との花見の約束を守れなかった。
 ましてや、自分が無言の帰宅をすることになるとは、彼女にとって酷過ぎる。
 大きな溜息をついた彼だったが、せめて妻が庭の桜を眺めてくれていたらと、桜を眺めた。
 すると、風で散る桜の中に妻の顔が浮かんだ。
 それは泣き顔ではなく、優しい笑顔だった。

 しかし、彼は突然現実に引き戻され、桜の木の下のある物に釘づけになった。

「……お前は、源五!?」

 桜の木の根元で、裃姿の男が涙を流していた。
それはまぎれもなく朝別れた家来、片岡源五右衛門。
 彼は多門の計らいで、声を掛けぬという条件付きで最後の目通りを許されていた。

「……殿」

 彼は最後に見る主の姿を必死に目に焼き付けようとした。
しかし、それは涙で滲んだ。
 
 対する内匠頭も、涙をこらえ独り言のように言った。

「……約束を守れず、すまなかったな。皆に、阿久里と内蔵助によろしく伝えて欲しい物だ」

 源五右衛門の涙は激しくなった。
嗚咽を漏らしながらも、彼は声を絞り出し返事した。

「……はっ」

 その様子を見た後、内匠頭は寂しげな笑顔で呟いた。

「……さらば」 

 そして、庭から姿が見えなくなった。

「殿!」

 後に一人残され、突っ伏して泣きじゃくる源五右衛門の上に、桜の花びらが静かに降り注いでいた。
 



 風誘う 花よりもなお 我はまた
春の名残を いかにとかせん(*5)


 桜吹雪の中、赤穂藩藩主浅野匠頭長矩の命は散った。
 元禄十三年三月十四日の夜のことだった。
関連記事
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【 〈05〉 松の廊下】へ
  • 【 〈07〉 西国へ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。