FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ← 〈07〉 西国へ → 〈09〉 昼行燈
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「雪割草シリーズ」
凌霄花

 〈08〉 赤穂

 ← 〈07〉 西国へ → 〈09〉 昼行燈
早苗と助三郎は赤穂城の屋根裏で弥七と合流した。
クロは隠れ家で御留守番。

「いつ来た?」

「一昨日の夜中で。刃傷の報せは今朝来ましたぜ」

 二人は弥七の足の速さに驚いた。
浅野内匠頭刃傷の知らせは、事件が起こってすぐ早駕籠で出された。
その早駕籠よりも早く着いたというのは、並の人間にできる事ではない。

「切腹の知らせは?」

 浅野内匠頭の切腹が決まったのはその急使が発った後。
到着には時差がある筈だった。

「まだです。まぁ、明日ぐらいには着くと思いますがね。あの面々がどう混乱するんだか……」

 三人は静かに眼下の部屋の様子を見下ろした。
そこには男が二人。

 早苗が小さな声で、弥七に窺った。

「あれが、大石殿か?」

「いいえ」

「……じゃあ、誰だ? 身分が高そうだ」

 助三郎が身を乗り出した。そのせいで屋根裏の板が軋み、一同血の気が引いた。
しかし、下の赤穂藩士たちはそれどころではないらしく、気に留めることはなかった。

「助さん。気をつけて下せぇ。これだから素人は……」

 珍しく文句を言う彼に助三郎は驚いた。
彼は再び怒られないよう、頑丈な柱の上に身を置いた。

「……で、あの方は?」

 忍びの血を少しながら持つ早苗は、弥七に叱られることなく屋根裏での見張りを続けた。
先ほど気になった男の正体を再び弥七に問うた。

「家老の大野殿です。ケチで有名」

 ニヤリと弥七は笑った。

「……ケチ?」

 早苗がキョトンとしていると、弥七は手で何かを弾く真似をしながら言った。

「これが友達ってやつでさぁ」

 動きに見覚えがある彼女は、すぐに理解した。

「算盤か」

 すると、隅で大人しくしていた筈の助三郎がふざけ始めた。

「誰かさんと一緒だな。気が合うんじゃないか?」

 そんな夫に、早苗がムキになることはなかった。
微笑を浮かべ、さわやかに仕返しした。

「……助平さん、それは誰の事でございますか?」

「……助平じゃない!」 

 二人の妙な夫婦喧嘩を呆れ顔で眺めた弥七は、仕事に戻る事に決めた。
眼下では、『ケチの大野殿』が文句を言い始めた所だった。





「大石殿は何処に行かれた?」

 眉間に皺を寄せて、大野九郎兵衛(*1)は傍で書き物をしていた男に聞いた。
 
「はて? 厠かと……」

 その返事に、大野は盛大に溜息をつき眼頭を抑えた。

「またどこぞへふらふらと…… この忙しい時に……」

「はぁ…… まぁ……」

 男は、仕事の手を止めず生返事。
そんな彼の隣で、大野は愚痴を言い始めた。

「殿もなぜ刀を抜かれた? 短慮が過ぎたことだ……」

 それは誰でも一度はふと思うこと。
しかし、自分の主の批判など、まして一国の家老がする物ではない。
 聞いていた男は書き物の手を止め、筆を置くと身形を正し、大野に詰め寄った。

「……少し御言葉が過ぎませぬか。仔細は解りませぬが、殿も何も考えずにした事ではないはず!」

 威勢よく意見を述べた彼を胡散臭そうに見やり、溜息をついた。

「声が大きいのう……」

「御家老! 御家老は殿の事を……」

 真剣に何かを話し始めようとした彼の出鼻をくじくように、大野は話を逸らせた。

「八十右衛門殿、勘定が狂いますぞ」

 この言葉に、岡島八十右衛門常樹(*2)は猛烈な腹立たしさを覚えた。
そして、彼にきっぱりと言い放った。

「では、御家老、ここは私の仕事場でございますので、早々に御退出願います」

「なにをそんなに怒っておる? わしは書類を……」

「一冊の書類を探しに来て、一体いつになったら見つかるのです? 本当にあるのですか?」
 
 ここでも喧嘩が始まった。

 屋根裏でも、下でも喧嘩。
呆れた弥七は、仕事を打ち切ることに決めた。

「御二人さん、今日はここらで引きあげだ」




「助さんも格さんも、もうちっと真面目にやってくださいよ」

 二人は城郭の外に出るなり、弥七に御叱りを貰った。

「はい……」

「仕事と私生活をごっちゃにしないでほしい。いいですかい?」

「はい……」

「明日からはしっかりして下さいよ」

「はい……」

 仲良くしょげる二人に、弥七は気分を改め今後の計画を話し始めた。

「で、明日だが、おそらく朝には第二陣が来るでしょう。それからが仕事ですぜ。しっかり見張って、赤穂藩がどういう動きをするか見届ける。いいですかい?」

「わかった」

 仕事を全うしようという意欲を二人の顔に見る事が出来た弥七は、二人に笑い掛けた。

「じゃあ、今日はここらで帰りましょう。ちっと汚ねぇ家なんで片付けないとならねぇんですよ」

 この言葉に、助三郎は驚いた様子だった。

「お銀が掃除してくれなかったのか?」

「助さん、お銀は掃除なんかしませんぜ」

「え?」

 
 二人の会話の隣で、早苗は黙っていた。
 彼女はお銀の事をよく知っていた。
彼女の忍びの腕は一流だが、料理洗濯裁縫はからきしダメな事。
 彼女の悪口を言うと身の危険にさらされるという事。

「料理もしませんぜ」

「えっ!?」

「食えたもんじゃねぇんで」

 弥七がニヤリとした時、ひゅっと後ろから何かが風を切って飛んできた。
早苗と助三郎の間をすり抜け、それは弥七の手の中で止まった。

「おっと危ねぇ…… 簪はこういう使い方をするもんじゃねぇ」

 そう言いながらも彼は手の中の簪を投げ返した。
すると、女の声が返って来た。

「さすが弥七さん。見えなくても掴めるなんてすごいわ」

 簪の凶器の持ち主はお銀だった。
彼女は関心した様子で弥七に言った。
 
「お褒め頂きありがとう。そうだ、お前も飯食いに行くか?」

「えぇ。ご一緒するわ」

 夕餉に最適な店を探し、四人は街へと向かった。



 
 軽い夕餉を済ませ、これからしばらく使うであろう隠れ家へ向かう途中、弥七が歩みを止めた。
彼は、少し先から歩いてくる男を見ていた。

「大石殿のお帰りだ……」

「あれか?」

 赤穂藩家老、大石内蔵助がどういう人物なのかが知りたい助三郎は、食いつくようにその男を見た。
彼の眼に入ったのは、釣竿を片手に魚籠を腰に下げて歩く着流しの男だった。
 腰には小太刀のみ。家老らしからぬ身形に助三郎のみならず、早苗も驚いた。
 光圀の供をし、様々な国の藩主や家老に会ってはいたが、ここまで軽い感じの男は二人にとって初めてだった。

 あっけにとられて見ていると、内蔵助は傍を通った魚の棒手売に声を掛けられていた。

「おや、御家老様。今日はどうでした?」

 その言葉に、内蔵助は頭を掻いて笑った。

「いやぁ、坊主だ。今日はついてなかった」

 そして、棒手売の身形を眺め、残念そうにつぶやいた。

「残念、売り切れか……」

 暗くなり始めるこの時間に残っているわけがない。

「もうちょっと早うお会いしてたら、売ってあげましたのに」

「でもなぁ…… すぐ諦めるのもなぁ……」
 
 気まずそうに言う彼に、棒手売は一つ提案した。

「御家老様は、一向に上手くならん。一度、名人に習ってはどうやな?」

 この妙案に彼は手を打って賛同した。

「おぉ。それは良い考えだ。知り合いはいるか?」

「そうですなぁ……」




 二人の立ち話を見ていた早苗と助三郎は、大いに落胆した。
なぜならば、二人には『大石内蔵助良雄』は偉大であるいう人物像が有ったからだった。
 それは、助三郎が仕事の際、資料で『大石内蔵助良雄』の功績を眼にした事から来たものだった。
 
 内蔵助は、備中松山藩(*3)改易の折、城の明け渡しを拒み徹底抗戦の構えに入ろうとした水谷家家臣を説得し、無血開城に導いた(*4)。
 感心した助三郎は、家に帰るとこの事を早苗に語って聞かせた。
それ故、彼女も夫と同じく内蔵助に期待をしていた。
 
 しかし、現実は違った。

「……やっぱり、噂通りの、昼行灯か?」

 幻滅した様子の助三郎が、弥七に聞いた。
彼からは否定の返事が返って来た。

「いいえ、違いますぜ。あの方は、本物だ。昼行燈じゃねぇ…… 闇を照らす行燈になる筈だ」

 人一倍、人の心、中身を見る彼の言葉に、早苗は期待した。

「昼間の行燈じゃなくて、闇夜の行燈か……」

 再び、内蔵助を見やると彼は家路に着く所ようだった。
それに倣い、四人も隠れ家へと足を向けた。

 その時、彼らの背後から大声が聞こえた。

「退いてくれ! 急ぎだ! 怪我したくなかったら退け!」

 驚いた四人は思い思いに身を守るため、道の端に寄った。
すると間もなく、猛烈な速さで二つの駕籠が走りすぎて行った。
 

「助さん!」

 早苗はすぐにその籠の意味を察知すると、高鳴る胸を抑えながらその名を読んだ。
これからは仕事。助三郎とは夫婦では無く、同僚。
 
 すると、すぐに声が返って来た。
彼もまた、早苗と心は同じだった。

「格さん! 行くぞ!」

 二人は弥七とお銀と共に、『浅野内匠頭切腹』の報せをもたらした早駕籠を追った。
関連記事
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【 〈07〉 西国へ】へ
  • 【 〈09〉 昼行燈】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。