FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【二章】 松帆の浦…… → 〈02〉 黒い影
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「雪割草シリーズ」
凌霄花

 〈01〉 江戸の生活

 ←【二章】 松帆の浦…… → 〈02〉 黒い影
その晩、彼は縁側に座っていた。
手には朱塗りの杯。
 その中に揺らめくのは、弓張月。

 側用人柳沢吉保は、独り言のようにつぶやいた。
 
「……赤穂の城は難なく落ちた。あっけないもんよ」

 すると、庭先から静かな低い声が。

「……大石は、敵討ちを目論んでおります」

 慎重なその言葉を、彼は鼻で笑った。

「……昼行灯に、何が出来よう。小さい田舎大名の家老ごときに」

 しかし、男は引かなかった。

「……されど、油断は禁物。他藩の者が探っております」

 吉保は姿の見えぬ男が居るであろう方向を胡散臭そうに睨むと、杯を開けた。
そして、手酌で再び並々を酒を注いだ。

「……ならば見張りを続けろ。念のためにな」

「……御意」
 
 男の気配が、その場から消えた。
残るは吉保ただ一人。

「……昼行灯に何が出来る? この天下は俺の手の内。俺の物」

 美しい上弦の月を愛しげに眺め、一息に飲み干した。






「……何時になったら、帰れるんだろな?」

 皐月。早苗と助三郎が赤穂城開城を見届けて一月が過ぎた。
しかし、ここは佐々木家ではない。
 水戸藩下屋敷。
 
 上屋敷は小石川にあるが、下屋敷は少し南に下った隅田川沿いにある。
 下屋敷のほうが気持ち的に楽だったが、やはり自分の家ではない。

 助三郎は懐かしい我が家を思い、愚痴っぽくなった。
 しかし、すぐさま彼に活を入れる者がいた。

「仕方ないでしょ? いつ何が起こるかわからないんだから」

 早苗は、彼に袴を手渡した。
 
 武家の妻女が夫の身支度を手伝う。
 当たり前の光景だった。

 助三郎は妻から袴を受け取った。

「しかし、俺ら二人一緒の役宅でよかったな」

「そういえばそうね……」

「別居は寂しいからな」

 普通であれば、助三郎と『格之進』は別の役宅。
 しかし、上が何を思ったか、二人は『同居』だった。
しかも、棲家は他の藩士たちと少しはなれた静かな一角。
小さいながら庭もあって、クロが遊ぶには最適だった。

 助三郎は身支度を済ました。
しかし、目の前の妻に若干戸惑った。
 悠長に彼の寝間着を畳んでいた。
 
「早苗」

「なに?」

 作業する手を止めず、彼女は彼女の仕事を続けていた。
彼はその傍にしゃがみこみ、心配そうに言った。

「……格さんは時間に間に合うのか?」

「あ!」

 早苗はその瞬間、寝間着を放り出し、鉄砲玉のように走り去ってしまった。

「……遅刻だな」

 そう言い終るや否や、台所で凄まじい物音が。
 何かがぶつかり合う音、何かが割れる音……

「大丈夫か!? 怪我しなかったか!?」

 驚いて声を掛けると、気丈な返事が帰ってきた。

「大丈夫! あぁ!?」

「今度はなんだ!?」

「ギャイン!」

 騒がしい妻に気が休まらない彼の耳を、犬の悲鳴がつんざいた。


『御犬様大事』が一番厳しい江戸。そんな声が聞かれては、危険極まりない。
 
「あ、踏まれたな……」

 その通り、クロは『痛い』だの『骨が折れた』だの悲しい可哀想な泣きごとを口にしていた。
そんな黒犬を、優しい声が宥めていた。

「痛いの痛いの飛んでけ! ね? もうなんとも無いでしょ?」

「クゥン、クゥン……」

「……まだ前足痛いの? ブラブラさせて……折れてるんだったら、お医者様呼ぶ?」

「キャン!」

 クロが大人しくなったと同時に、家中が静かになった。
が、助三郎が待てる時間はもう無かった。

「先行くからな!」

 しかしその瞬間、男が目の前に現れた。

「もう良い! 行ける!」
 
 すでに身なりはピシッと決まっている。

「お、さすがだ。決まりを絶対に守る男、格之進」

「どうも。さ、行こう!」





 その日の帰り道、助三郎は朝の出来事を見てからずっと考えていたあることを、早苗に打ち明けた。

「……やっぱり家から一人、下女を呼ぼう」

 早苗は歩みを止め、助三郎を訝しげに見た。

「……俺ら二人でも大丈夫だろ?」

「大丈夫じゃないから、呼ぶんだ」

 俯き加減になった彼女に、助三郎は優しく言った。

「な? お前のためでもあるんだ」

「俺のため?」

 彼女は顔を上げた。その眼に、夫の温かい眼が入ってきた。

「お前は俺みたいに適度に手を抜けない。真面目すぎる」

 早苗は何も言い返せなかった。
助三郎は尚も説得を続けた。
  
「だから、いつか近いうちに疲れる。倒れてからじゃ遅い。倒れてもらったら、困る」

 夫の優しさに、彼女は打たれた。
そして首を縦に振った。

「誰でも、良いんだな?」

「あぁ。お前にすべて任せる」





 数日後、二人の住処に旅装の若い女が立っていた。
早苗が出迎えると、彼女はほっとした様子で、会釈した。

「お久しぶりです。若奥さま」

「ここでは早苗にしましょ。前みたいに」

「はい。では、早苗さま」

 彼女は早苗が嫁ぐときに実家から連れていった唯一の下女だった。
歳が近く、一番仲がよかった。
 名を、夏と言った。
 主が『格之進』になったとき、驚き顔を真っ赤にしたこともあったが。
早苗が大嫌いな『男を見る眼』では決して見てこなかった。
 それゆえ、今も変わらず仲が良い。

 早苗はお夏を部屋に上げ、茶を出し労をねぎらった。

「ごめんね。わざわざ江戸まで。疲れたでしょ?」

 しかし、彼女は明るく答えた。

「いいえ。これぐらいなんともありません」

 気心の知れた彼女に安心し、早苗は頭を下げた。

「今日からお願いします」





 早苗、正確には『渥美格之進』と助三郎は仕事を掛け持ちしていた。

 一つは、今回の『密命』。
赤穂藩士の動向を探ること。

 播州の藩士はお銀に任せ、二人は在府の藩士を地道に調べていた。
 しかし、『敵方』も知らないと話にならない。
 弥七を吉良の調査に回し、報告を受けていた。
 そして、これらをまとめて藩主に報告する。
 助三郎中心の仕事となっていた。

 二つめは、本来の仕事。『大日本史』編纂。

 これは江戸の上屋敷での業務だった。
密命との兼務で、毎日の出仕は免除。
 こちらはどちらかというと、文章が上手い早苗中心の仕事となっていた。
 
 この日、早苗はお休みで国許からやってくる下女を出迎える一方で、助三郎は上屋敷に居た。
赤穂方の最新情報を藩主徳川綱條に報告していたのだった。
 お銀から入ってきたのは、代わり映えの無い情報。
 『内蔵助をはじめとする藩の上層部は、残務処理に追われている』
 それだけだった。


 一通り報告を終え、御前を下がった助三郎は溜息をつきながら廊下を歩いていた。
 
「はぁ…… やっぱり、無理か」

 一時帰郷を遠まわしに打診したが、渋られた。
江戸の気疲れもあったが、それよりも身内の心配だった。
 人気の無い庭に面する縁側に彼は腰掛けた。
 そして、ぼんやりと庭を眺めた。

 木々は青々と茂り、鳥は元気にさえずっていた。
日が少しずつだが徐々に長くなっていく。春が過ぎ、もうじき梅雨に入り夏になる。
 それを肌で感じていた。
 しかし、明るい気持ちにはなれなかった。
思わず、溜息混じりに呟いた。

「……申し訳ございません。母上」

 家を空け、母親を残して来た。
下男も下女も居て安全だが、彼は不甲斐なさを感じた。
 彼の母、美佳は夫亡き後、彼を女で一つで育て上げた。
それ故、彼は母を大切にしないといけないと強く思っていた。
 しかし、出来ない。水戸は遠くは無いが、近くもない。
 彼は再び大きな溜息をついた。

 しかし、いつまでも鬱々としないのが彼の取り得。
 大きく息を吸い込み、伸びをした。

「……いいや。どうにか理由つけて一回は帰るぞ!」

 彼は気合を入れなおし、いざ帰宅しようと歩きはじめた。
その彼の耳に声が届いた。

「兄上! 助三郎兄上!」

「ん?」

 この世に彼を『兄』と呼ぶのは二人いる。
一人はふざけて。真面目に呼ぶのはただ一人。

「あ! 千……」

 彼は思わず名を呼び、その人物に駆け寄ろうとした。
しかし、ぐっと思いとどまると慎重に辺りを見渡し、言葉を選んだ。

「……水野殿? どうしてここに?」

 彼の目の前にいた若者は助三郎の弟。千之助。
彼は緊張して、周囲に神経を張り巡らせている兄に笑いかけた。

「兄上。誰も居ません。大丈夫です」

「……ほんと、だな?」

「……はい」

 助三郎は顔をほころばせた。
弟の肩を力強く叩くと、彼をちゃんと名で呼んだ。

「千之助! 江戸に来てたのか? どうしてまた?」

「義父上に同行させてもらったんです」

「そうか。水野様に挨拶しに行かないとな」

「では、今晩大丈夫ですか? ついでに、これも」

「お、これか? いいねぇ」

 助三郎は、千之助のぐいと酒を飲む手振りを真似た。

「……格さんはどうする?」

 すると、少し申し訳なさそうな顔で千之助は義姉の出席を断った。

「込み入った話が有るので、義姉上はちょっと……」

 助三郎は、早苗に聞かれては不味い情報を持ってきたと見えるその言葉を受け入れた。





 助三郎と千之助は連れ立って水野家が逗留している屋敷へ向かった。
千之助の舅に挨拶し、世間話などして過ごした。
 そして、日が暮れ始めたころ酒宴となった。

 程よく酒が回った頃、千之助の舅はうれしそうに笑みを浮かべた。

「佐々木殿。千之助がなぜ私についてきたか、お分かりですか?」

「何か特別な理由でも? 千之助、もったいつけずに言え」

 すると、彼は兄の前で正座し満面の笑みで言った。

「実は…… 出来たんです!」

 水野家の二人が本当に幸せそうな顔をするのと反対に、助三郎は酒の肴のスルメを咥えたまま、ぽかんとしていた。

「……なにが?」

「香代に、出来たんです!」

 千之助がそう強調したが、ダメだった。

「……香代さんに、なにが?」

 呆れて天を仰ぐ婿を笑い、舅は助三郎に言った。

「佐々木殿、懐妊したんです。香代が」

「あぁ、カイニン。ん? 懐妊!? 子供ですか!? 父親は!?」

 水野の当主は声を上げて笑った、しかし、婿は兄を睨んだ。

「……鈍感兄貴。俺に決まってるだろ」

 そんなボヤキもむなしく助三郎は興味心身で弟を見回した。

「千鶴、お前本当に子供つくれるのか?」

「あたりまえです! 私はもう完全に男です! 千鶴って言わないでください」

「……すまんすまん。でも、やることちゃんとやってますねぇ。水野殿」

「ですね。若くてよろしいことで。はっはっはっは!」



 からかわれた千之助は、仕返しこそしなかったが兄に質問した。
今回、どうしても兄に話さなければいけない内容に話をもって行く前段階でもあった。

「兄上こそ、義姉上とどうなんですか?」

「……ん? ……まぁまぁだ」

 すぐにはぐらかす兄。
そんな彼に、若年者が何を言おうが聞くわけが無い。
 そこで千之助は手筈どおり、義父に話の主導権を譲った。
 
「佐々木殿。そろそろ真剣に考えなければいけませんよ」

 実の父が生きていれば、彼と同じ歳。
弟の義父は自分の義父でもあると思う助三郎は、おとなしく彼の話を聞いた。

「……そうですか?」

 真面目に話を聞くそぶりを見せた彼にひざを進め、声を低くした。
酒宴の席は一転して、評定のような重苦しさに包まれた。

「……実は、そちらの大叔父殿が『千鶴』を調べ始めました」

「まさか……」

「『千鶴』は後藤様の養女となった後、橋野殿が西国の藩士に書類上嫁がせたのですが……」

 女だった『千鶴』は消えた。
男となり、『水野千之助』と名を変え、婿となっている。

「……大叔父は、『千鶴』がもうこの世に居ないと、突き止めたのですか?」

「大丈夫です。橋野殿が裏工作を加えたので。ちょっとやそっとじゃ、ばれません」
 
「よかった……」

 ほっとしたのもつかの間。まだまだ問題は山積だった。

「しかし、代わりに千之助の不審点に気付いたようで」

「……不審点?」

「千之助は『平居の養子』ですが、その前の出自が不明ということ。兄上に姿が似ていると言うことに違和感を拭い去れないようで……」

 出自はどうにでも工作できる。
しかし、顔かたちは不可能。
 自分に似た弟が、助三郎は可愛かった。

「……どうすれば、いいのです?」

「平居は、何があっても千之助を守ると言っています。信じるに足る男です」

 助三郎は弟の問題にほっと胸をなでおろした。

「ありがたい…… 平居様」

 しかし、水野家当主にはまだ話すことがあった。
それは、佐々木家の将来に関わる大事なこと。
 もっとも、千鶴の話も千之助の話も、問題の根源はそこにあった。

 早苗。

「佐々木殿、今日渥美殿を、いえ、早苗さんを呼ばなかった理由、もうお解りですよね?」

 すっかり三人の酔いは冷めていた。
助三郎は、早苗の笑顔を思い浮かべ胸が締め付けられる思いをしていた。
 これから聞く話が、無性に怖かった。

「……なんとなく、勘付いてはいます」

 水野の当主は、極力穏やかに話を進めた。

「早苗さんの度々の不在。あまりに多く長いので、不信を募らせているようです」

「やっぱり……」

 常日頃心に引っかかっていた不安だった。

「それと、大変言いづらいですが、この機に乗じて、新しい嫁をという話が出たそうで……」

「は!? 早苗が居るのにですか!?」
 
 助三郎は思いっきり取り乱した。
十歳のあの日から、彼のなかには早苗だけ。
 他の女など、考えも及ばなかった。
 
「あの、死に掛け糞大叔父め……」
 
 いつになく殺気立つ彼をどうにか落ち着かせ、話は続いた。
 

「……ちなみに、結婚して何年ですか?」

「今年の秋で…… 四年になります」

 少し言葉をにごらせつつ、水野家当主は小さく言った。

「『三年子無きは去れ』 常に肝に銘じていたほうがよかろうかと……」

 助三郎はゾッとした。
彼はそんな馬鹿な言葉に騙されはしない。
 しかし、真面目な早苗はそれを守る可能性が高い。
 ……現に、結婚できない身体になりかけた彼女は身を引くために、自害未遂を起こした。

 助三郎は、動揺した。

「私は、私は彼女に誓いました! 何があろうと、一生傍に居ると! 早苗さえ居れば、家も身分も何も要りません!」

 熱いその言葉に、水野家当主は寂しげな笑みを浮かべた。

「……何から何まで、龍之助そっくりだ」

「……え?」

「あ、いえ…… とにかく、離縁が嫌なら、まずは死ぬ気で子作りしなさい。早苗さんを手放したくなかったら、守りたかったらそれしか道はないですよ」

 重い言葉。
重い責務が助三郎に圧し掛かった。




 縁側で、佐々木の兄弟が座っていた。
もう夜も遅い。
 
「早く、死ねばいいのに……」

 ポツリと、千之助が漏らした。

「……大叔父か?」

「……はい」

 助三郎は笑った。
笑うしかなかった。
 なぜ、自分の父親は若くして亡くなったのに、大叔父は生きているのか。
なぜ彼は自分たちの生き方に首を突っ込むのか。

「……兄上」

「なんだ?」

「人目なんか気にしないで、大きな声で呼びたい。兄上って……」

 助三郎は可愛い弟を見つめた。

「俺もだ。お前のこと、千之助って呼びたい」

 弟は兄に頭を下げた。

「兄上、大叔父を黙らせて、絶対に義姉上を守ってください。兄上にしか、出来ませんから」




「子ども、か…… 子作りしろって言われてもな……」

 彼は早苗をほとんどといっていいほど、抱かない。
 彼女を傷つけるのが怖い。彼女を失うのが怖い。
その恐怖心から、彼は男の欲求を押さえ付けてきたからだった。

 しかし、そのせいで彼女の身に危険が忍び寄っている。

 助三郎を大いに苦しめ始めた。

「たとえば、上手くいって懐妊したとする。すると格さんはどうなる?」

 男としての仕事が山とある。
そのために毎回男に変身などしていたら、身重の場合、命に関わるかも知れない。
 ならば、いっそ藩主に願い出て『渥美格之進』の解雇を頼み、解毒剤を飲ませればよかった。
しかし、彼にそんなことはできない。


「……なんで早苗の弟として、本当の男で生まれてくれなかった?」

 無二の親友で、同僚で、好敵手である『彼』を失うのが怖かった。

「はぁ。馬鹿だな俺…… ごめんな、早苗。こんな弱い旦那で……」

 彼は己の心の弱さを嘆いた。
関連記事
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【【二章】 松帆の浦……】へ
  • 【 〈02〉 黒い影】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。