FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ← 〈02〉 黒い影 → 〈04〉 慣れとは
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「雪割草シリーズ」
凌霄花

 〈03〉 思惑

 ← 〈02〉 黒い影 → 〈04〉 慣れとは
その日の朝早く、助三郎はしゃがみ込んでクロの頭をグシャグシャッと撫でた。
黒い犬は尻尾をちぎれんばかりに振り、喜びを体現していた。

「早苗のお供、しっかりやるんだ。いいな?」

「ワン!」

「頼もしいなぁ。さすが御犬様!」

「ワンワン!」

 早苗はその日、水戸へ発つことになっていた。
その目的は仕事。
 彼女が取り組む大日本史の編纂で江戸と水戸で意見の食い違いが出た。
それを収めるため、彼女は一時帰国をすることに。


 この時既に早苗は旅姿の侍。
 草鞋の紐も結び、準備万端。
しかし彼女は細かく助三郎に指示し始めた。
 彼女の中身は、いまだ助三郎の『妻』だった。

「お夏に頼んでおくから、ちゃんと飯食べるんだぞ」

「あ? あぁ……」

 助三郎は生返事。
クロをくすぐって遊んでいた。
 かまわず早苗は続けた。

「箪笥の着物の場所は教えた場所だ。引っ掻き回すんじゃないぞ」

「わかってるって……」

 彼は尚もクロとじゃれていた。
早苗は顔をしかめたが、小言は言わなかった。
 その代わり、次から次へと注意事項を見つけ口にした。
 さすがの助三郎も耐えかね、ついに立ちあがって早苗をねめつけた。

「お前がちょっとくらい留守にしても、一人で飯ぐらい作れるし、食える。着替えもできる!」

 早苗は彼のその言葉に満足した。

「そうか。じゃあ、最後に一つ」

「なんだ?」

 助三郎は期待を持って、彼女の言葉を待った。

「職場で寝るな」

 助三郎は大きな溜息をついた。
ついに妻から優しい言葉は掛けられなかった。

「わかってる……」

 そんな落ち込んだ夫を笑うと、彼女はすぐに彼に背を向け、玄関を出た。

「さらば!」

 しかし、彼女は直ぐに腕を捕まれ引き戻された。

「……なんだ?」

 助三郎は、腕をつかんだまま俯き加減に口早に言った。

「……早苗に、一目でいい。会いたいんだが、ダメか?」

 早苗は奥手な夫に噴き出しそうになったが、ぐっと堪えた。
そして、何も言わずに彼の言葉に応じた。
 妻の本来の姿を認めるや否や、彼は彼女の眼を見つめた。
 
「……道中、気をつけろ。油断はするな」

 彼を安堵させようと、彼女は微笑んだ。

「……わかってます。貴方も、羽を伸ばし過ぎないようにね」

 彼は彼女の顎をすっと掬い上げた。

「……早く帰って来てくれ」

 静かに唇を重ねた。






 二日後の夕暮れ、早苗は水戸の佐々木家に到着した。
先触れのクロのおかげか、家では下男下女の暖かな出迎えが。
 道中の疲れと埃を取った後、彼女は姑と夕餉を共にした。

「仕事は一段落ついたの?」

「いえ、相変わらず…… こちらで少し仕事した後、江戸に戻ります」

 すると、気丈な美佳もさすがに少し寂しげな顔をした。

「そう…… 大変ね……」

 すぐに早苗は手を突き謝った。

「義母上さまを一人家に残し、申し訳ございません……」

「気にしなくて良いわ。しっかりこうやって顔見せに帰って来てくれているでしょう?」

 嬉しそうにそう言う姑に早苗は胸を撫で下ろした。
しかし、姑の怒りの矛先は嫁ではなく息子だった。

「……それより、助三郎はしっかりやっているの?」

 相変わらず彼女は、早苗より助三郎にうるさかった。
世間一般の姑は息子に甘く、嫁にうるさい。
 嫁を本当の娘のように可愛がり、息子を叱ってばかりいる美佳は奇特だった。

「……はい。毎日、忙しく働いています」

 しかし、美佳は何もかも見透かしたような口調で言った。

「それは、格之進に叱られるから」

 早苗の誤魔化しはすぐにばれた。

「わかっています。あの人は格之進に言われないと真面目に仕事をしない」

「そうかもしれません……」

 母は妻よりも男のことを把握しているのかもしれない。
まだまだ未熟な自分を少し反省した早苗だった。


「でも、貴方のお陰。大分真面目になった。これからも頼みますよ。格之進殿」

「はっ」

 冗談交じりで早苗は男のように返事をした。



 夜が更け、早苗が寝所に向かおうとしたとき、美佳から声を掛けられた。
 
「……明日は朝から仕事?」

「はい」

「どれくらいで終わりそうか解るかしら?」

 早苗はその問いかけに、何か引っかかるものを感じた。
 
「日暮れには終わるかと…… なにかご用事でも?」

 しかし、美佳は何も言わなかった。

「いいえ。こちらのことだから、気にせずにお仕事頑張りなさい」





 次の日、早苗は出仕した。
久しぶりに顔を合わせる職場の面々に挨拶をし、世間話も少々。
 しかし、重要なのは会議。
 すぐさま本題に入った。
 しかし、なかなか思うように行かず煮詰まった。
そこで昼過ぎに一旦解散、続きは明日ということに。
 家に帰って家事でもしようと思っていた早苗を、上司の後藤が呼んだ。

 彼は彼女を奥の茶室へと招き入れた。
茶室は密談の格好の場所。
 それ故、何か重大な話でも有るのかと、少し緊張の面持ちで部屋の隅に座った。

 しかし、茶室は茶をたしなむ場所。
後藤は悠々と茶の仕度を始めた。
 彼の御点前を黙って見ていると、
 
「……あの事件はどうなった?」
 
 後藤は茶杓を手にそう聞いた。
早苗はすかさず答えた。

「……佐々木が中心になって調べております。今の所、赤穂侍が本懐を遂げる為の具体的な行動に出てはおりません」

「そうか。難儀な仕事だな。何年続くか解らぬのに……」

 棗を開け、中の茶を茶杓で掬い茶碗に入れた。
そこには綺麗な緑色の山が出来上がった。

「早く終わって、お前がこっちの仕事に専念できれば良いのになぁ……」

 柄杓で釜の湯を椀に注ぎながらそうぼやく上司。
そんな上司に、部下は謝るしかない。

「申し訳ございません……」

 後藤は笑った。
 
「まぁ、良い。お前の才を見込んでの殿の下知だ」
 

 二人の会話が途切れた。
 茶室に響くのは、茶筅の音だけ。
 心を落ち着かせ、早苗はその音に耳を済ませた。
 少しすると、後藤は点てた茶を彼女の前に置いた。

「頂戴いたします」

 彼女は作法どおり、その茶を頂いた。

「結構な御点前で……」

 後藤は満足げにうなずいた。

「やはり、早苗殿。飲み方に艶がある……」

「……そうでございますか?」

 初めて聞く褒め言葉に早苗は驚いた。
後藤は彼なりの評価を述べた。

「佐々木は荒っぽい。あれの良さは、その豪快さだ」

 彼は江戸にいる部下に思いを馳せ、茶室の隅の花瓶の花を眺めた。
 そこには、小さな姫百合が生けられていた。


 茶道具を片付けながら、後藤がおもむろに口を開いた。

「……ところで、佐々木とは、どうだな?」

「はっ。毎日必ず話し合い、仕事の内容は必ず共有しております」

「そうか…… で、あれの夜はどうなっておる?」

 早苗は至極真面目に答えた。
 
「酒は飲ませすぎないよう、気をつけております」

 しかし、上司が欲しかった答えとは違ったようだった。
 彼は苦笑いした。

「……『渥美格之進』はそっちに関しては本当にニブイな」

「……そっち?」

 きょとんとしている早苗に半ば呆れ顔を向け、

「わしが聞いているのはな、あやつの閨の話だ」

 はっきりと言い切った。
さすがの早苗も理解し、

「へっ!? あ、その、それは……」

 どう返していいか見当がつかず、紅くなって俯いた。
すると、聞いた本人が取り乱し始めた。

「わしだってこんなことを聞くのは失礼だと思う。特に早苗殿にはだ。
しかし、これは重大問題だ。だからこそ、弟のお前に代わりに答えさせようと思ってだな……」

 早苗は上司の顔を見ることができなかった。
 長い間、沈黙が狭い茶室を包んでいた。

 しかし、早苗は意を決し、男として話しはじめた。

「佐々木の、そちらは、その、なかなかどうしてあれでして……」

「あれではわからん。なんだ?」

 グダグダ恥ずかしがっていても仕方がないと早苗は思い切り、口早に事実を述べた。

「赤穂より戻って二月、姉が義兄と枕を交わしたのはたった、二度」

 再び赤くなった顔を隠そうとうつむく早苗の前で、後藤は大きな驚きを示した。

「二月で、二度!? まさか、あの若さで不能か!?」

 とんでもない言葉に驚き、早苗は彼の考えを否定した。

「いえ! そうではございません!」
 
「だったら、なんでそんなに少ない!?」

「さぁ…… 私こそ知りたいものでして……」

 後藤は大きな溜息をついた。
早苗から視線をそらすと、彼女に言った。

「渥美、早苗殿に戻ってくれ」

「はい…… 戻りました」

 変り身を解き、本来の姿に戻った。
すると後藤は彼女にひざを向けた。

「早苗殿、正直な気持ちを聞きたい。いったい佐々木のどこがいい?」

 いまさら何を聞くのか。
そう思ったが、彼女の答えは一つ。

「全てでございます」

 きっぱりと言ったが、後藤は納得がいかなかった様子。

「……欠点がかなり多いが、それでもか?」

 早苗は微笑を湛え、彼にこう返した。

「……それがまた、魅力というのではないでしょうか?」

 あんぐりと口をあけた後藤だったが、次には膝を打って笑っていた。
 
「これは、これは…… 佐々木に心底惚れておられる奥方には何を言ってもダメそうだ…… ハハハハハ!」

「はい。無駄でございますよ。後藤さま」

 一通り二人で笑った後、上司は居住まいを正し部下を呼んだ。

「渥美に伝言だ」

 早苗はとっさに男に姿を変え、上司の言葉を待った。

「……佐々木に早苗殿をもっと可愛がるようにと伝えてくれ。それと……」

 後藤はすぐに続きを言わなかった。
 少し言いにくそうにしている様子を感じ取った早苗は、彼を促した。
 
「それと、何でございますか?」

「……早苗殿が懐妊したら、すぐに連絡するように」

 上司の心遣いをありがたく感じ、彼女は頭を下げた。
彼を安心させるためにも、夫ともっと仲良くしなければと反省した。
 そして彼女は茶室を辞し、帰宅した。







「佐々木め…… しっかりせぬと、早苗殿が危ういというのに……」

 後藤は茶室を出た後、仕事場の己の書斎で溜息をついていた。
主から託された若い夫婦の行く末。それを見守るのは苦ではなかった。
 しかし、助三郎が頭痛の種。
夫婦の夜が問題なことが解ったのは良いが、それを他人の彼が如何こうすることは無理に近い。
 ああだこうだ考えてみたが、この場はどうしようもないと、そこで切り上げた 

「さてと、残りの仕事でもするか……」

 そこにドタドタと騒がしい足音が聞こえた。
表の作業場の男が、息を切らし走ってきたのだった。

「後藤様! こちらに、いらっしゃいましたか……」

 息を弾ませ、ほっとした様子で彼は床に手を突いた。
 
「どうした?」

 男は彼に要件を告げた。

「佐々木殿の御家中の方が……」





 後藤は血相を変え、必死に走った。
作業場の障子を勢いよく開け放ち、大声を上げた。

「渥美は!? 渥美はどこだ!?」

ざわついた様子の藩士たちから、声が上がった。
 
「渥美殿であれば、少し前に帰られましたが……」

 それを聞くや否や、後藤はさらに青ざめた。
そして、玄関に待たせてあった佐々木家の家人を急かした。

「すぐに追いかけなさい!」





 後藤の命令もむなしく、早苗は既に家に戻っていた。
玄関で彼女は見知らぬ男物の草履を見つけた。
 
「お客様か?」
 
 彼女は自室に戻り、女に姿を戻し身形を整えた。
そして台所に向かった。
 なぜか下女が一人も見当たらない静かなその場所で茶を淹れ、菓子とともに盆に載せた。
 仕度ができると、彼女は客間へと向かった。
 その後をクロがおとなしくついてきた。

 締め切った部屋の前に来ると彼女は膝を下ろし、障子に手を伸ばした。
しかし、その時丁度耳に入った男の話す内容に、早苗は凍りついた。





 客間にいたのは、美佳と助三郎から見ると大叔父に当たる男、二人だけだった。
二人の間には、眼には見えないが火花が散っていた。
 
「……あの女は子を生まない。もう四年だ」

「伊右衛門殿」

 大叔父の名だった。
 
「おや、ワシの名前を覚えていたのかね?」

 美佳は彼を睨みつけた。

「早苗さんのことにこれ以上首を突っ込まないで頂きたいものです」

「そういう事言わずに。良い花嫁候補が見つかってね……」

「佐々木家の、いえ、助三郎の嫁は早苗さんだけです!」

 激昂した美佳が畳を叩き、怒鳴り声を上げた。
しかし、伊右衛門はクックといやらしく笑っただけ。

「あんなどこの馬の骨か解らん女。やっぱり同じ境遇だから守りたくなるのかねぇ……」

 美佳は睨みを利かせ、彼に言い返した。
 
「関係ありません。 貴方のその勝手な思い込み、どうにかならないのですか?」

「……ふん。とにかく、あの女は実家に返して、新しい嫁はワシに任せるんだ。いいね?」

 美佳の言うことを聞かず、大叔父は先ほどの話を再び持ち出した。
 
「何度言ったら解るのですか!?」





 早苗は、驚いて声が出なかった。
 部屋には入らず、後ずさりするとその場から逃げた。
 クロは彼女の後を追いはしなかった。
その代わり、その場に留まって一部始終を盗み聞きした。




 
「あ、居らっしゃった!」

 早苗が駆け戻った先の台所では、下男や下女が集まっていた。
彼らは心配そうな表情を浮かべ、彼女を囲んだ。

「若奥様、お探ししましたよ」

「……お加減でも、悪いのですか?」

 皆腫れ物を触るような言い様。不安そうな眼差し。
 早苗は気付いた。
 彼らの心遣い、姑の気配り……
大叔父に会わせないための裏工作を、姑は今までずっとしていたのだった。
 しかし、今回それが失敗した。
 
 早苗は笑顔を無理やり作り、家人たちを安心させた。
 
「大丈夫。心配ないわ。でも、ちょっと疲れたから、夕餉まで一人にさせて……」





 早苗が自室に籠もって暫くたった夕刻、大叔父は佐々木家を後にした。
美佳は下男下女に命じ、すぐさま家中に大量の塩を撒かせた。
 そのどさくさの中、クロはそっと大叔父の後を付けた。
 彼には、彼の仕事があったからだ。

 それは亡き光圀から託された大きな使命。
 それは早苗と産まれてくるであろう新しい命を守ること。
 早苗に降りかかる火の粉は振り払わなければいけない。
 そう強く己に言い聞かせ、彼は大叔父を追っていた。

 日が沈むころ、大叔父は一軒の屋敷に入った。
クロは気づかれないよう、そっと彼を見張った。 

「ただいま……」

 伊右衛門が帰宅を告げると、玄関に若い女が現れた。
彼女は笑顔を浮かべ、彼を出迎えた。

「お帰りなさいませ。旦那さま」

 伊右衛門のムスッとした顔は見る見るうちに緩んだ。
 
「あぁ、お袖。お前の顔を見ると癒される……」
 
 そう言うと、彼女の手を引き奥へと入っていった。

「今晩もワシの部屋に来なさい。いいね?」

「もう、旦那さまったら……」





 クロは屋敷の床下で粘った。お腹が減って仕方がなかったが、どんなに良い匂いが漂ってきても、我慢した。
床下で必死に聞き耳をたてていると、彼の耳にはとんでもない会話が飛び込んできた。


 伊右衛門は布団の上で、お袖と呼んだ下女に言った。
 
「あの女を、始末する」

「……それを、わたしにやれと?」

 少し驚いた様子の彼女に、彼は動じずに言った。
 
「そうだ、物分りが良い。あの女を殺せ」

 お袖は不気味な笑みを浮かべると、彼に聞いた。
 
「どうやって殺すんですか?」

 伊右衛門はお袖の手をさすり、計画を話し始めた。

「お前の手を血で汚したくはない……。下女としてあの女に近づき、毒を盛るんだ」

「毒?」

 驚いた様子のお袖を安心させるように、伊右衛門は彼女を抱き寄せた。

「徐々に弱らせるんだ。毒殺だと気づかれないようにな……」



 クロはその話をすべて漏らさず聞いていた。
そして、主の危機を感じ彼女の元へと駈け戻った。





 その日の真夜中。屋敷の一角の人気のない蔵で男女が絡み合っていた。
 女は先ほどのお袖。
 男は伊右衛門、ではなかった。
 お袖はその男に、主に使う言葉とは全く違う下品な言葉遣いで毒づいた。

「……ねえ、直介さん。あのクソ爺どうにかならないの?」

 男は下男だった。お袖と同じく、主伊右衛門から命を受け『渥美格之進』を探っている…… はずだった。
「……そんな口聞くな。俺だって我慢してんだ」

 直介は苛立ったお袖を宥めるように、彼女の首筋に口付けした。
しかし、そんなことでお袖の苛立ちは消えなかった。

「……ふん。あんたはいいさ。適当にうろついて適当に報告すればそれで済む。あたしゃ、あのヨボヨボ爺の夜の相手だよ!?」

 怒る彼女を、直介は笑った。
そして、彼はお袖の上に覆いかぶさった。
 
「可愛そうに。でも、俺がこうやって慰めてやってんじゃないか。な?」

 お袖は笑みを浮かべると、直介の身体に腕を回した。
 
「……そうだった」



 朝日が昇るころ、二人は名残惜しげに身体を離した。
この下男下女の密会は主には内緒。
 常に細心の注意を払っていた。

「……お袖。あの爺さんが憎いからって、料理にあれを沢山ぶち込むんじゃないぞ」

 帯を締めなおしながら、直介はお袖に忠告した。
すると、彼女は髪を撫で付けながら薄笑いを浮かべた。

「大丈夫。あんたに言われたとおり、毎回の食事にほんのちょっとしか入れてないからね」

「ならいい」

 身支度も整い、蔵から出ようとする直介の背を見て、なぜかお袖は思い出し笑いをし始めた。
それが気に掛かった直介は、彼女に理由を聞いた。
 
「だって、あの爺さん、あの女に毒盛れってあたしに言ったんだよ。自分が同じことされてることに、気づいてないのにさ!」
 
 この話を聞いた直介も手を打って笑い出した。

「こりゃ傑作だ。気づいたときにゃ、爺さんはあの世ってか?」

「そう! あぁ、早く死ねばいいのに!」

 二人の恐ろしい笑いが蔵の中にこだました。

 大叔父の思惑、二人の思惑それぞれが入り混じる。
この争いの軍配はどちらに上がるのか、それとも他の者なのか……
まだ誰もわからなかった。



 一方、早苗は数日の勤務を終え、江戸へと戻った。
結局、早苗は何も姑に聞かなかった。否、聞けなかった。
 ただ漠然とした将来の恐怖だけが彼女の心に残った。
暗い表情の彼女を心配し、道中クロはしきりに話しかけていた。
 ……勿論、大叔父の家で入手した危険な話は一切隠して。


 鬱々しながら江戸の住処に戻った彼女を出迎えたのは、助三郎だった。
彼は、彼女が玄関で帰宅を告げると家の奥からすっとんで来た。

「お帰り! 疲れてないか?」

「あぁ……」

「飯はまだだよな? あ、それより、風呂か?」

 質問攻めにする夫に、傷心気味の彼女は癒された。
そして、彼に今一番したいことを伝えた。

「……風呂に入りたい」

 助三郎はすぐさま下女に命じた。

「よし、お夏! すぐに風呂を沸かしてくれ!」

「はい!」

 しかし、風呂が沸くまで時間が掛かる。
そこで助三郎はぼんやり佇む早苗を玄関に座らせた。
 そして、水を張った盥を置くと、彼女の前にしゃがみこんだ。

「風呂が沸く前に、足、洗ってやるな」

 すでに彼は早苗の草履を解いていた。
 しかし、己の男の足など触らせたくない早苗は慌てて足を引いた。

「……良い。自分で出来るから」

 そう言って残る足の草履の紐は自分で解いた。
しかし、そこで退く助三郎ではなかった。

「格さんじゃなくて、早苗の足を洗うのもダメか?」

「へ?」
 
「たまには、いいだろ?」

 早苗はその言葉に負けた。
彼に甘えたかった。

 助三郎は妻の許可を取り付けると、優しく包み込むようにその足を洗った。
早苗は夫の手の温もりを感じ、幸せな気もちをかみ締めていた。

「……助三郎さま」

 思わず、彼女は今まで何度呼んだかわからないが彼の名を呼んだ。

「なんだ?」

 足を洗うことに集中していた彼の眼が、早苗に向いた。
その眼は優しさであふれていた。

「……ううん。なんでもない」

 早苗は彼から眼をそらした。
彼の優しさに、なぜだかわからないが小さな恐怖を感じたからだった。

 この世に永遠などない。

 夫を信じないわけではない。妻が信じずに、誰が信じるというのか。
しかし、万が一の覚悟を定めておかねばならない時が確実にやってきていた。
 彼女の脳裏に、大叔父の言葉がよみがえった。
『子を産まない』『新しい嫁』『実家に返す』

また、姫路で会った亡霊の言葉までもが彼女を襲った。

『あなたを必ず捨てる』、


 苦しむ早苗をよそに、いつしか助三郎は早苗の足を洗い終えていた。
彼は彼女の足を、綺麗な手ぬぐいで拭いた。
 そして、その足に目をやったまま、触れたまま彼女の名を呼んだ。

「早苗」

 その言葉で早苗は現実に引き戻された。

「……なに?」

 助三郎は、早苗の足を再び両手で包み込むと小さく言った。

「……今晩、疲れてなかったら、いいか?」

 それは久しぶりの夜のお誘いだった。
その誘いに、早苗が迷うことなどなかった。

「うん!」

 彼女の旅の疲れと将来への不安は吹き飛んだ。
関連記事
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【 〈02〉 黒い影】へ
  • 【 〈04〉 慣れとは】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。