FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ← 〈07〉 変化 → 〈09〉 夢幻の……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「雪割草シリーズ」
凌霄花

 〈08〉 『……助三郎?』

 ← 〈07〉 変化 → 〈09〉 夢幻の……
早苗は部屋から一目散に逃げた。
自室に駆け込み、障子を閉めるなり畳にへなへなと座り込んだ。

『あの女子は我が妻に非ず』
『早々に離縁』

 この文句が彼女の頭を駆け巡った。
 自分は近い将来、夫に捨てられるのか。
はたまた、元から結婚は嘘だったのか……
 
 しかし、しばらくすると彼女の中に一つのある考えが浮かんだ。

「調べたら解る……」

 覚悟を決めるその時が来るのを早苗は感じていた。


 その日の夕方、早苗は気晴らしに料理をした。
助三郎の好きな煮物を作った。彼に食べてもらいたい。その一心で。
 書斎に籠っている居る筈の夫を訪ね、彼女は声を掛けた。
 一緒に食事をしたいという、小さな希望を持って。

「助三郎さま、夕餉できたんだけど……」


 しかし、部屋の中から返事は無い。

「……助三郎さま?」

 やはり返事は無し。そこで、早苗は思い切って部屋の襖を開けた。
その部屋の中には、誰もいなかった。

「居ない……」

 同じ家に住んでいる筈なのに夫に会えない。
顔を見られない。声を聞けない。
 早苗は深く溜息をついた。


「逢いたい…… 助三郎さま……」

 こんな弱気を、彼女はほとんど言ったことがなかった。
 なぜなら、彼はいつも傍に居たから。
早苗は眼を瞑った。
 これしか彼に逢う方法は無かった。

 まぶたに浮かぶのは、笑顔の助三郎だった。

『早苗、なに湿気た顔してる?』

 早苗の耳に聞こえるのは、からかうように笑う優しい声だった。

「助三郎さま……」

 諦めた早苗は、その日もお夏と二人で夕餉をとった。




 しかし、くよくよしてばかりも居られなかった。
仕事がある。これで彼女は寂しさと漠然とした恐怖とを忘れようとした。
 その日も黙々と大日本史の編纂の仕事をこなしていた。
そんな折、同僚の一人が彼女に声を掛けた。

「渥美、二年前の藩士名簿って何処に置いた?」

「その三つの山の右端の上から二番目です」

 書類の整頓を行ったのは早苗。
皆が適当に置きすぎて、酷い山になっているのに我慢が出来なくなった。
 そして使いやすいように種類別、年代別に分けたのだった。

「お、あったあった。ありがとな。几帳面なのがいるとほんと助かる」

 彼は満足げに早苗の肩をポンポンと叩き、自分の机と戻って行った。
 
 早苗はその時、ふと気がついた。
 藩士の名簿がある。 
 それと同様に、婚姻関係の事が記された書類があるに違いない。
 そのような人事の書類を管理する仕事をしているのが彼女の父、又兵衛。 
彼に聞けばすぐにすべてが解る。
 しかし、父に確認するのは気が引けた。
 そこで、彼女は自分で調べることにした。

 思い立ったが吉日と、昼過ぎに早苗は上司の部屋を訪ねた。

「お聞きしたい事が有るのですが、よろしいでしょうか?」

「なんだ? 要件を言ってみろ」

 彼は忙しいらしく、仕事をする手を止めはしなかった。
早苗は簡潔明瞭に言った。

「藩士の姻戚関係の書類は、書庫に保管して有りますか?」

 上司は筆を置き、早苗の顔を見た。

「有るはずだ。が、それでなにを調べたい?」

「妻の名前がまだちゃんと残っているか、確認をしようと思いまして」

 格之進の配偶者は『美帆』
彼女は行方不明。格之進は新たに嫁取りせず、彼女をずっと探し続けている……
 誰が言ったか知らないが、そんな噂が横行していた。
 どうやらそれはこの江戸の職場にも入って来ていたようだ。
 上司は溜め息をつきながらも、少し悲しげな眼で早苗を見た。

「お前は、本当に一途なんだな……」

 
 早苗にその言葉がつき刺さった。
その言葉の通り、彼女は幼い時からずっと助三郎一筋だった。
 何が有ろうと、彼を想う気持に揺るぎはなかった。

 返す言葉が見つからず、うつむくしかなかった彼女に上司は穏やかに言った。

「お前には余計なお節介かもしれん。だがな、待っても帰ってこない嫁さんを待つより、諦めて早く新しい嫁さん見つけたほうがいい」

 その言葉が更に早苗を苦しめた。
 それはあたかも『助三郎を諦め離縁し、新たに嫁ぎ直せ』と言っているかのようだった。

 その日、早苗は覚悟が決まらず、書庫に向かえなかった。


 代わりに気分転換にと由紀の家に遊びに行った。
お孝も丁度来ていて、ワイワイ三人で話して気分も幾分晴れた。
 しかし……

「そうなんですよ。何に遠慮してるか解らないんですけど、今まで一度も誘ってくれたことないんです!」

 お孝の新助に対する不満だった。

「新助さんって、誰かさんみたいに奥手じゃないでしょ? ね? 早苗」

 その『誰かさん』は、早苗を閨に誘うどころか姿さえ見せない。

「へ? あ、うん、そうね……」

 曖昧な返事しか返せなかった。

「待ってないでお孝ちゃんが押し倒せばいいのよ。家がダメなら昼間でもいいから茶店でね」


 相変わらずの過激な由紀の発言に、早苗は眼を見張った。
それに答えるお孝にも早苗は驚きを隠せなかった。


「はい。ですから連れ込んで押し倒したんです。でもそれって、雰囲気なんか全く出ないでしょう?」

 不満げに言うお孝に由紀は納得顔。

「それもそうね…… 雰囲気は大事だわ」

 早苗は、もうずいぶん前になってしまった夫との夜に思いを馳せた。
その時の彼は優しく、温かかった。
 数日前まで、いつか元の助三郎に戻り自分の所に帰って来ると彼女は信じていた。
しかし、あの文を見た日から変わった。
 不安と恐怖にさいなまれる日々になってしまった。

「早苗も頑張るのよ。分かった?」

 とうとうこの日も、早苗は親友二人に相談できなかった。
乾いた笑みを浮かべただけだった。
 耐えきれず、早苗はその場を抜けることにした。

「……じゃ、そろそろ帰るね」





「はぁ……」


 玄関で男に変わり、刀を腰に差した。
男の姿に変わっても、鬱々が晴れることは無い。
 思わず漏らした溜息を、丁度帰宅した由紀の夫に聞かれてしまった。

 
「お疲れですか? 格さん」

「あ、お疲れ様です。与兵衛さん。今お帰りですか?」

「はい。最近忙しくて」

「それは大変ですね。では、私はこれで失礼……」

 玄関を出ようとした途端、早苗の腕は与兵衛に掴まれていた。

「……格さん、悩み事が有れば言ってください。力になれるかもしれません」

 早苗は、親友の由紀でさえ気付かなかった己の悩みに気付いた彼の洞察力に驚いた。
しかし、何も言えなかった。

「……原因は、助さんですね?」

 核心を突く彼の言葉に、早苗は更に驚いた。
しかし、それ以上なにも無かった。幸か不幸か邪魔が入ったのだ。


「あ、与兵衛さまお帰りなさいませ。すぐ来て! 早く来て! あ、早苗またね!」

 奥から出てきた由紀が、夫を急かし引っ張って行ってしまった。

「由紀、私はまだ格さんに用事があるんだ。そんなに急がなくったって……」

 仲が良い友人夫婦を羨ましげに眺め、早苗は一人寂しく、役宅へと戻って行った。





 次の日、早苗は藩主から呼び出された。
狭い茶室に呼ばれ、緊張しながらも主の茶を頂いた。

「……最近どうだ?」

 茶を点てながら、綱條は早苗に声を掛けた。
 
「はっ。大きな動きは見られませぬ。佐々木からの報告は?」

 少し不安だった早苗は主に伺いを立てた。
すると彼はフッと笑った。

「あるが、文書だけだ。酷く忙しいようだな?」

 どうやら主の所にも顔を見せていない様子。
早苗はますます助三郎が解らなくなった気がしていた。

「役宅にも夜中に帰って、早朝に出て行くらしいな?」

「はっ、そのようで……」

「そなたともほとんど顔を合わせておらぬのだろう?」

 時たま、己の正体や渥美格之進と佐々木助三郎の真の関係を知っているような話し方をする主。
一体何処まで何まで知っているのか分からない。
 そんな主に、早苗は毎回緊張した。
しかし、彼は彼女の緊張など知ってか知らずか、

「たまには二人で共に顔を見せに来るように。また義父上の昔話をしたいからな」



 茶室から出ると、綱條は急に思い出したように言った。

「そうじゃ。今日は職場に戻らずともよい。お前に会いたいと参られた方が居る。書院にて待っておれ」

 突然の客人の知らせに早苗は驚いた。
上屋敷で藩主に面会の申し出をする客人。
 一藩士でしかない自分に会いたいと言う。
 並みの人間ではない。

 そんな考えを巡らしていると、綱條は優しい笑みを浮かべた。

「……そなたの元気が、ちょっとは出るといいがな」

 早苗は真意が解らず、きょとんとするだけだった。





 言われた通り、早苗は書院で一人客人を待った。
誰が来るのかと考えていたが、候補がありすぎて見当がつかなかった。
 旅の道中で様々な藩の人間と触れあった。誰が来てもおかしくない。
 また、己に会いたいのは建前で、実際は光圀の話をしたくて来る可能性も否めない。
ああでもないこうでもないと考えていたが、客人はなかなか現れなかった。
 いつしか早苗は、初めて藩主徳川綱條に謁見した時を思い出していた。
彼女の隣には、助三郎。
 もちろん、彼は早苗の大好きな裃姿。
その姿を褒めると、惨めになると妙な事を言った助三郎。
 物凄く昔のようなことに思え、早苗は懐かしさを感じていた。

「助三郎……」

 
 眼を瞑る事でしか、笑顔の優しい彼に逢えない。
心の中で、彼の声を聞くしかない。


「待たせたな、早苗!」

 心の奥底ではなく、耳元で聞こえた夫と同じ声に早苗は驚いた。
そして思わず振り向いた。

 そこには、あの顔があった。

「早苗。元気だったか?」

 早苗は本当に久しぶりに見る彼に笑みを浮かべた。
……しかし、それは心からの、本当の笑みではなかった。 


「……義勝様、お久しゅうございます」

 早苗は、夫と瓜二つの信濃の国の藩主とを決して間違うことは無かった。
 化けの皮が剥がれた、偽助三郎ならぬ義勝は、申し訳なさそうに言った。


「やっぱり早苗さんの眼はごまかせない。さすがです」

 彼は本物の助三郎により近づける為、地味な着物にしていた。
主綱條の言った『元気がちょっとは出るといい』
 それはこういう意味だったのかと早苗は実感した。
 主と義勝の冗談混じりの気遣いに早苗は心から感謝した。

「当り前です! 申し上げたではありませぬか。誰が夫と他人を間違う物ですか!」

 そう言って彼の羽織を片手に入って来たのは、小夜。
義勝の幼なじみで腰元だったが、彼に求婚され正室になっていた。
 義勝は彼女に言い訳を始めた。

「だって、水戸様が早苗さんが元気ないっておっしゃってたから、笑わせてやれって……」

「あぁ、呆れた。何処が笑えるのですか? 笑えます?」

「どうかな? 面白かったですか?」


 中身が助三郎と真反対の大人しく上品な性格義勝と、姉さん女房で気が強い小夜の応酬。
早苗はその面白さに、久しぶりに声を出して笑った。

「よかった。笑ってくれたよ。小夜」

「はいはい。解りました。殿、早くお座りになってください」

「はい……」

 早苗は再び二人を見て笑った。

 それから三人は互いの近況報告をし合い、楽しい時を過ごした。
そして、小夜からの申し出で義勝には席をはずして貰い、二人だけで話すことになった。
 
「わたくしはあなたの真の御姿に御会いしたことがございません」

「そういえば、そうでした」

 あの時、早苗は義勝と光圀を守るためずっと男のままだった。
そしてその気疲れの結果、忘れもしないあの事件が起こったのだった。
 あの事件の発端となった男、あの事件を解決し、己を救ってくれた最愛の男。
 彼は今居ない。

「しばらくの間、厳重に人払いをしてあります。早苗さん、よろしければ女子に戻って頂けませぬか?」

「はい」

 早苗は小夜の前で女に戻った。もちろん、一国の藩主の正室に面会するのにふさわしい着物に身を包んで。
 一通り挨拶を済ませると彼女は思いがけないことを口にした。

「ほとんど初対面のわたくしが言うのもなんですが……」

「なんでしょうか?」

 小夜は深刻な顔で早苗にこう言った。

「うちの殿に瓜二つのあの男が、貴女を悲しませているようにしか思えませぬ……」

 早苗はその言葉に驚き、目を見開いた。

「やはり…… 誰かに相談はされましたか?」

 早苗は動揺のあまり答えを返せなかった。

「あの貴女の一番のお友達の若菜さん、いえ由紀さんにも?」

「はい…… ただ、事情を知る下女にはすこし……」

 早苗の沈痛な面持ちを見た小夜はこう提案をした。

「わかりました。早苗さん、今からわたくしに一からすべてお話しなさい」

「え? 小夜さまに?」

 豪快な言葉に早苗は驚いた。

「わたくしは他藩の人間、誰にも貴女の話は漏らしませぬ。それに、うちの殿が御迷惑をかけた分、早苗さんに恩返ししないと」

「ありがとうございます……」

 早苗は小夜に、一つ一つ己の悩みを話し始めた。
話して行くうち、早苗の眼から涙が出てきた。
 それは下女の前では、決して出なかった涙だった。
 なにも聞かず、ただ早苗の話しを真剣に話を聞く小夜の前で、早苗はいつしか大泣きしていた。

「助三郎さまに逢いたいのに、助三郎さまに逢うのが怖いんです……」

 小夜は大泣きし続ける早苗を、己の豪華な打ち掛けが濡れるのもいとわずにそっと抱き締めた。

「あの人の事、いつか諦めないといけないかもって、忘れないといけなくなるかもって、ずっとどこかで覚悟してたはずなのに、怖くて、出来ない……」

 わんわん泣く早苗の頭を撫で、小夜はずっと早苗の話を聞き続けた。

 そこへ突然、

「せっかくだから三人でお茶でもどう?」

 
 暢気な義勝がフラフラっと入って来た。
その声を聞いた早苗の涙は更に激しさを増した。

「助三郎さまの声が、顔が、すべてが忘れられないんです。優しかった時の、あの……」

 小夜は凄まじい勢いで義勝を睨みつけた。

「人払いを命じたのに、勝手に入ってくるとは何事ですか!」

 妻の恐ろしい雰囲気に気押された義勝は、大泣きしている早苗にも謝った。

「ごめんなさい。早苗さん、大丈夫ですか?」

 早苗からの返事は無し。
そして妻からはキツすぎる言葉をもらってしまった。

「その顔と声が余計酷くさせるんです! 早く出て行きなさい! 偽助三郎!」

「そんな…… 酷い……」

 しょげた偽助三郎は、とぼとぼと一人で何処へ姿を消した。

 しばらくの後、小夜は泣きやんだ早苗の涙を拭いてやり顔を上げさせた。

「さぁ、早苗さん、前を向きなさい」

 そしてしっかり彼女の眼を見て言った。

「いいですか? あの男は、貴女しか見ていません。あの男には貴女だけです。そう強く信じなさい」

「はい……」

「そして、いつまでも待っててはいけません。勇気を出して、貴女からいきなさい」

「はい……」

「貴女は溜めこむ性格のよう。泣いて吐きだして、少しはすっきりしたでしょう?」

「ほんとだ、身体が、心なしか軽いです」

 
「そう、そうやって思いっきり泣きなさい。泣く場所がないのなら、わたくしの所に来なさい。江戸住まいなので、いつでも居ますから」

 早苗は、優しい姉を見つけた気がしていた。
そして、彼女の言葉に甘えまた相談しに行こうと思った。

 それから、早苗と小夜はどこかへ行ってしまった義勝を探した。
ふてくされ、いじける彼の機嫌を直すと、三人で茶を楽しんだ。

「では、早苗さん、また会いましょうね」

「はい。小夜さま」

 早苗はスッキリとした心持で、二人を見送った。
悲観にくれてばかりの生活はダメだと心を新たにしていた。





 次の日の夕方、帰宅の準備をする早苗に同僚の一人が声を掛けた。

「渥美、今から暇か?」

「特に予定はございませんが。なにか?」

「みんなで飲みに行こうって。上のおごりだ」

 嬉しそうに言う彼に、悪い気はしなかった。
どうせ帰ってもすることは特にない。
 職場の人間ともっと親密になっておいた方がいいと前向きに考えた早苗は、誘いに乗った。

「では、ご一緒します」





 一件目で結構な量を飲んだ一行だったが、まだまだ序の口だといって、二件目に梯子ということになった。

「渥美、お前酒強いな!」

 少し顔が赤い男が早苗の肩を叩いた。

「そうですか? 先輩には負けますよ」

 楽しい酒の席だったので、気分が良い早苗だった。

「じゃ、次の店で飲み比べ勝負でどっちが強いか調べるぞ!」

「えぇ? 勝てるかな」

「あ、顔に余裕が見える! 恐ろしい男だ!」
 
「はははは!」

 笑いあって、店を探しながら皆で歩いていると、突然声を上げた者が居た。

「なぁ、あれって、佐々木じゃないか?」

「え? あ、ほんとだ。佐々木だ」

 早苗は彼らの視線の先を追って、固まった。
否、頭が真っ白になり、一気に身体の血の気が引いた。

「……嘘だろ」

 かつて、己の精神と肉体を崩壊寸前まで追いつめたあの悪夢。
それと同じ光景が早苗の眼の前で現実となっていた。
関連記事
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【 〈07〉 変化】へ
  • 【 〈09〉 夢幻の……】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。