FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ← 〈02〉 貴女はどこに…… → 〈04〉 真実
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「雪割草シリーズ」
凌霄花

 〈03〉 守る為に

 ← 〈02〉 貴女はどこに…… → 〈04〉 真実
話は、助三郎が水戸に戻ったころにさかのぼる。
水戸の佐々木家の玄関で彼を出迎えたのは、母の美佳だった。

『お帰りなさい。疲れたでしょう。すぐにお風呂沸かせましょうね』

 久しぶりの我が家。久しぶりに見る母の顔。
 しかし、それでもすぐには癒されないぐらい、彼は疲れていた。
体力的にではなく、精神的に。

 彼がやっと落ち着いたのは、母の手料理を口にした時。
張りつめていた心が緩み、母との会話も弾んだ。
 楽しい夕餉を終えた後、助三郎は今回水戸に戻った理由を告げた。

『叔父上がまた面倒な事を言ってきました……』

 美佳は眉間に皺をよせ、不快感をあらわにした。

『……また、早苗さんの事ですか?』

『はい。そして新しい嫁の話が』

 美佳は声を荒げた。

『貴方には早苗さんが居ると言うのに! あの男は!』

 助三郎も怒りを覚えていたが、冷静だった。

『叔父上は文で返事をしても聞き入れてはくれません。それ故、直接断りに行こうと思います』

 取り乱した自分を恥じた美佳は、深呼吸をし、落ちつきを取り戻そうと努めた。

『それも、そうですね。それが一番』
 
 そして、息子を見つめた。

『心して行きなさい。本当にあの男は執念深く、狡賢いですから』

『はい』
 

 夜が更けてきた。
助三郎は母の前を辞す前に、道中固めてきた己の決心を告げることにした。

『母上』

『なんですか?』

『今度こそ、叔父上を黙らせます』

 美佳は少し不安げな表情を浮かべた。

『出来ますか』

 しかし、助三郎に『出来る、出来ない』の選択肢は無かった。

『やります』

 すべては、早苗の為。
ひいては、己の肩に掛かる、佐々木家の為。

『佐々木家の当主は私です。叔父上にあれこれ指図を受ける道理はありません』

 美佳はそう言った息子を惚れ惚れと眺め、優しく微笑んだ。
 
『良く言いました。それでこそ、佐々木家の当主』

 夫を亡くしてから、ずっと女手一つで育てた息子。
情けない部分も、未熟な部分もまだ数多くあった。
 しかし、今、彼女は息子を誇らしく思っていた。

『では母上、今夜はこれで失礼します』

『はい。ゆっくりお休みなさい……』

 助三郎を見送った美佳は、すぐに仏間へ向かった。
仏壇の前に座ると、先祖に手を合わせ、祈った。

『どうぞ、助三郎に御力を。どうぞ早苗さんを、お守りください……』





 次の日、朝から助三郎は大叔父である佐々木伊右衛門の屋敷に向かった。
玄関で案内を乞うたが、人影は無し。
 諦めず再び声を上げると、中から女が慌てた様子で出てきた。

『これは、失礼しました。どうぞ、お上がりください』

 助三郎はその女の姿形に引っ掛かりを感じ、目を凝らした。

『おい、お前……』

『はい? なんでしょうか?』

 女は顔を上げ、助三郎の顔を見た。
そこで彼は確信した。
 目の前の女は、自分達の役宅に下女としてやって来た女だと言うことに。

『……お前、叔父上の下女だったのか?』

 言い当てられた途端、おたえことお袖はあわてて顔を伏せ、はぐらかした。

『さ、さぁ、何のことでしょう……』

 助三郎は、尚も尋問を続けた。
 
『シラを切るな。お前は間違いなく俺の江戸の役宅に来た下女、おたえだろ?』

 彼の剣幕に押され、彼女は本名を言ってしまった。

『……何をおっしゃっているのか。わたしは袖という名です』

 その言葉を聞いた助三郎は尚も激しく尋問した。

『やっぱり偽名だったか。大人しく白状しろ。何のために俺の役宅に来た? 大叔父の差し金か?』

 彼女が負ける前に、助け舟が現れた。

『おぉ。助三郎。そんなところで立ってないで早くこっちへ来い。お袖、茶を頼むぞ』

 お袖はその言葉を受けると、これ幸いと助三郎の前から姿を消した。





 客間の下座に腰を下ろした助三郎の前に、お袖は何食わぬ顔で茶と茶菓子を出した。
彼は彼女をじろりと睨んだ。
 しかし、虎の威をかる彼女は、ほほほと上品ぶった笑いを残すと足早に部屋を出て行った。
 
 助三郎の大叔父、伊右衛門は喉を潤すために茶を一口啜ると、一方的に話し始めた。
 
『さて、助三郎。文は見たであろうな? 新しい嫁についてだが』

 助三郎はため息をついた。

『その話ですが……』

『なんだ? 読んでいないのか?』

 不服そうに眉間にしわを寄せる伊右衛門に、助三郎は平然と言いきった。

『読みました。しかし、私は承諾に来たのではありません。全てを断りに来たんです』

『何故だ……』

 驚いた様子の彼に、助三郎はしっかりと己の考えを述べた。

『私には早苗が居ます。これ以上私と早苗に口出しはしないで頂きたい』

 しかし、伊右衛門は冷たく笑って言った。
 
『お前、まだあの女にこだわっておるのか……』

『こだわるも何も、早苗は私のただ一人の妻です』

 その言葉に、伊右衛門は笑うのをやめると、憎悪に満ちた目で言い放った。
 
『あの女は先祖が忍び。卑しい身分。佐々木家には到底釣り合わん。わかってるのか?』

 助三郎は怒りを覚え、言い返した。
 
『いまさらそんな大昔のことを掘り起こして何ですか!? そんなこと関係有りません!』

 伊右衛門は舌打ちをし、悪態をついた。
 
『同じ事を同じ顔で言う、腹立たしいわい……』

『はい?』

 彼は引きさがりはしなかった。
不敵な笑みを浮かべると、助三郎に向かって言った。

『まぁいい、お前がなにを言おうと、もう既にあれはお前の妻ではないからな……』
 
 その不可解な言葉に、助三郎の鼓動は早くなった。
しかし、勤めて冷静を保ち、言い返した。

『……いったい、何をおっしゃっているのですか?』

『先日、籍を抜いておいた。あの女は、都合いいことに離縁される条件を全て満たしていたからな』

 助三郎は身勝手なその行動に我慢がならず、怒鳴った。
 
『なに勝手な事してくれたんですか!? どうして早苗を勝手に!?』

 すると、伊右衛門も負けじと声を張りげた。
 
『佐々木家の為だ!』

『なにが佐々木家ですか!? 貴方のやることは貴方の為でしかない!』

 助三郎は立ち上がって大小を腰に戻すと、伊右衛門に背を向けた。

『……おい、どこへ行く? まだ話の続きがあるんだが』

『義父上の元に参ります。勝手な藩名簿の書き換え、今すぐ取り消していただきます』

 伊右衛門はそんなことに動じなかった。

『取り消しても、無駄だ。助三郎』

『なぜですか?』

 しかし、彼は答えをすぐには言わなかった。
再び茶をすすると、湯呑を見ながら言った。

『そうだ…… さっきこの茶を出しに来た女、気になったか?』

『はい』

 助三郎は先ほどの下女のことを思い出し、部屋から出るのをやめた。
あの女は何だったのか、知らねばならなかった。
 大人しく元いた場所に座った。

『お前の眼と記憶は間違ってない。あの女は、わしがお前の江戸の役宅に遣わした』

『……何のためにですか?』

 助三郎は渥美格之進の正体の露見を恐れた。
しかし、伊右衛門が口にしたのは、それ以上に恐ろしい事実だった。

『あの女に毒を盛って、処分するように命じたのだ』

『え』


 しかし、伊右衛門は何を間違ったのか、月流しの薬を渡した。
それを盛ったところで、死にはしない。
 勿論、早苗は毒物混入を恐れ、お袖に家事をほとんどさせなかった。
それに、お袖は主の命に従わずに間夫と遊んでいた。
 それゆえ、早苗は無事。
 しかし、そうとは知らない助三郎は大いに取り乱した。

『早苗に毒を盛ったとはどういう事ですか!?』

 噛みつかんばかりの勢いの彼を、伊右衛門は笑ってなだめた。
 
『まぁ、茶でも飲んで落ち着け、助三郎』

 しかし、落ち着けるわけがない。
助三郎は立ったまま伊右衛門を睨んでいた。

『思い出してみろ。あの女、ぴんぴんしておったろ? 忍び崩れだけあって、解毒剤かなんか持っていたんだろうて……』

 忌々しく吐き捨てた伊右衛門。
彼の言葉に考えを巡らせた助三郎の表情は和らぎ、落ち着きを取り戻した。
 しかし、伊右衛門はそこで止めておく男ではなかった。
 
『おや? 助三郎。まだあの女の顔を拝もうなどと思っているのか?』

 意地悪く笑う彼に、助三郎は勝ち誇った顔で言った。

『叔父上、何を言われようと、何をされようと、早苗を絶対に手放しません』

 そんな彼を蔑んだような目で見た伊右衛門は、ぼそりと呟いた。
 
『……親も親なら、子も子だな』

 そして伊右衛門は、助三郎を追い詰めはじめた。

『しかし、残念だな助三郎。お前が役宅に帰っても、あの女はもう居らん』

『どういうことですか?』

『今回お前が水戸に来るのと入れ替わりに、わしの下男を江戸に遣わした。あの女を手籠めにし、吉原に高値で売れと命じてな』





 助三郎は絶句した。

早苗を守るために水戸にまで戻って来たのに、江戸に居る彼女を守れなった。
何もできなかった。
 
 早苗は格之進に変われる。国一番の柔術の腕前がある。
よって護身は完璧。
 しかし、助三郎は焦りのあまり、とんと忘れていた。

『たとえ高値で売れず、身請けできる金額だとしても、もうあの女を妻と称して傍に置いておくのは許さん。いいな?』

 黙ったままの助三郎を満足げに眺めてそう言った。

『まぁ、これくらいせんと、お前の母親の時の二の舞だからな…… あぁ、やれやれ……』
 
 これで話すべきことはすべて終わったと、大きく伸びをする伊右衛門。
彼とは対照的に、助三郎は猛烈な怒りに震えていた。
 いつしか、彼の手は刀の鯉口を切っていた。

『……人の皮を被った化け物め』

『おや? やる気か? 助三郎』

 彼は全く動揺を見せず、悠然と構えて笑った。
助三郎より遥かに年を取ってはいるが、彼も相当な剣の使い手だった。
 
『年とった身内に、刀を向けるのか?』

 助三郎は刀から手を離した。それくらいの理性はまだ残っていた。
しかし、次の言葉で再び彼は刀に手を持って行ってしまった。

『たかが一人の女の為に?』
 
『その女は、私の命! 私の宝だったんです!』

 かつて早苗は、助三郎を守るため、己の寿命を削った。
あまりに削りすぎ、命の危機にさらされた。
 それを知った助三郎は、彼女を救うため、彼女より先にこの世を去ることを受け入れた。
 その時まで、彼女と共に生きるため、彼は必死だった。

 しかし、そんな気持ちは伊右衛門には伝わらない。

『どうしてろくでもない女に固執する? ……どこまでも似た者親子だ』

 思い出し笑いをする彼を、助三郎は訝しげに見た。
彼は笑いながら、こう言った。

『助三郎、眼を覚ますんだ。あの女は宝などではない。魔物だ』

『なに?』

『お前の母親もそうだ。あの女とお前の母親は、佐々木家に災いをもたらす魔物だ!』

『何だと!?』

『罪人の娘に、賤しい忍びの娘。佐々木家の名に泥を塗る! 災いをもたらす! 魔物以外の何物でもないわ!』

 妻と母を貶められた助三郎は、とうとう刀を抜き払った。
 
『違う! 佐々木家の魔物は、佐々木伊右衛門、お前だ!』

 それを見た伊右衛門も。刀を抜いた。
 
『面白い、やってやろう。身内といえど、容赦はせんぞ!』

 腕に覚えのある二人は、互いに刀を振りかぶった。





 日が傾いたころ、邸の庭に小さな海が出来た。
それは、真っ赤な海。
 夕日が映っているのではない。
 真っ赤な海の真中には、伊右衛門の躯が転がっていた。





 助三郎は、全身の疲労感と共に妙な興奮を覚えていた。
そのせいか、とんでもないことを口走った。

『早苗、これで邪魔者は居なくなったぞ…… ずーっと一緒にいられるぞ……』

 そして、笑った。
大声で笑った。

『お前の為なら、俺は、鬼にも夜叉にでもなれる! 人も殺せる!』

 返り血と、己の身体の傷から出た血で染まった姿。
 それをさらに夕日が照らす。
 
 彼は真っ赤な姿で、狂ったように笑っていた。




 しかし、程無く助三郎は正気を取り戻した。
それと同時に、己が何を仕出かしたのかに気付き、愕然とした。
 無意識に口走った言葉を思い出し、罪悪感にさいなまれた。
己の奥底にあった、未知の感情に恐れを抱き、震えた。

「殺してしまった……」

 血の海に横たわる冷たく硬くなった大叔父の亡骸。

 己の感情に任せて、刀を抜いた。
 怒りを原動力に、無心に刀を振るった。
 彼を斬ってしまった。

 ふっと、伊右衛門のあの言葉がよぎった。

 佐々木家に災いをもたらす魔物

 しかし、彼はすぐさま打ち消した。

『これは俺の責任だ。早苗は何も悪くない…… 早苗は……』

 彼女の名前を口にした時、早苗の無事がひどく気に掛った。
江戸で、彼女は本当に遊女として売られてしまったのか。
いや、何事もなく無事なのか。

『早苗……』

 すぐさま江戸に戻ろうかと、彼はその場から一歩足を踏み出した。
 しかし、その一歩で足は動かなくなった。

『ダメだ……』

 身内を殺して脱藩、出奔。

 そのようなことになれば、早苗は無事では済まされない。
 
 結局、彼がしたことは何にもならなかった。
早苗を守るつもりが、危険に晒してしまい、安否もわからない。
 佐々木家を守るつもりが、身内を殺害し、家名を傷つけた。 

『全部俺の独りよがりだった!』

 絶望して、助三郎は地面に崩れ落ちた。





 突然、助三郎は顔を上げ、正座した。
腰に差してあった脇差を抜き、両手に持つと、正面に構えた。
 そして、鞘から一気に引き抜いた。
 
 その刀身には、一点の曇りもなかった。
そこには、己の顔が映っていた。
 髪は乱れ、返り血が乾いて顔にこびり付き、酷い姿。
その姿に失笑した。
 
 しかし、

『何を笑っている。潔く腹を斬るんだ……』

 そう自分に言い聞かせた。
逃げれば、親類縁者に類が及ぶ。
 自分一人が責めを負い、自害すれば……
そう思ってのことだった。

『早苗。無事でいてくれ……』

 刀を腹に突き立てようとした瞬間、彼の脳裏にある光景が生々しくよみがえった。
 それは、結婚前のあの忌々しい夜の記憶。
 己のせいで精神を病んだ早苗が、懐剣を胸に突き立て、自害しようとする瞬間の光景だった。

『うぐっ……』

 助三郎は酷い眩暈と猛烈な吐き気に襲われた。
手にしていた脇差は、手から離れ、地面に転がった。
 
 耳に響く、早苗のどなり声……
 脳裏に浮かぶ、早苗の血走った目、笑うことを忘れた顔……
 永遠に封印しようとしていた記憶。
 鮮やかに甦っていた。

『いやだ…… 怖い…… もう、思い出したくない…… いやだ…… 早苗……』

 助三郎は自害も忘れ、その場で震えていた。




 
 その時、突然邸が騒がしくなった。
 物々しい格好をした役人たちが、次々となだれ込んで来た。
 その中の頭と見える男が、大声を張り上げた。

『神妙に致せ! 下手人は何れに!?』

 助三郎はその声に助けられた。
恐怖の記憶から解放された助三郎は、逃げも隠れも自害もしないことに決めた。

『ここに居ります……』

 しかし、大勢の役人たちが助三郎を取り囲み、騒いでいた。
彼の声は役人の頭には届かなかった。

『うるさい! 騒ぐな! 退け! 邪魔だ! だからこんなに人数は要らんって言ったのに…… それで、下手人は……』

 男たちをかき分けかき分け、文句を言いながら、役人の頭は助三郎を探していた。
 
『ここです。逃げも隠れもいたしません!』

 助三郎が声を張り上げると、やっと目当てを見つけた頭は喜んだ。

『おぉ! 罪人ながら殊勝な心構え! あっぱれだ! ……あれ? うそ、助ちゃん?』

 突然口調が砕けた役人に、助三郎は驚いた。
それ以前に、己を『助ちゃん』などと少しふざけた呼び方で呼ぶ者は、一人しかいなかった。

『……九壱郎?』

 己を引っ立てに来た役人の頭は、幼友達だった。
 彼は取り囲んでいた部下たちを皆一旦遠ざけると、助三郎の横に座った。

『……久しぶり。でも、こんなとこでこんな形で会いたくなかったな』

 残念そうに言う彼に、助三郎は謝った。

『……すまない、煩わせて。……だが、お前、出仕してたのか?』

 助三郎の記憶が確かなら、彼はまだ部屋住みの筈だった。
しかし、

『うん。親父が隠居してさ。先月から出仕してる』

『そうか……』

 助三郎の幼友達はほとんどまだ部屋住み。
父親が健在だからである。
 早くから出仕している助三郎の周りに同年代が少ない訳である。

『これが結構忙しくてさ、すぐ慣れた。……で、あの仏さん、本当に助ちゃんが?』

 九壱郎は、伊右衛門の躯に手を合わせると助三郎に確認を取った。

『あぁ』

『でも、一方的な殺害じゃないよね? 助ちゃん、傷だらけだし。何か理由あったんだよね? 身内と剣を交えないといけなかったってことは……』

 助三郎は何も言わなかった。

 刀を先に抜いたのは自分。憎さと怒りの感情に任せて、刀を抜いた。
 そして、斬った。
 罪人として裁かれて当然。

『……助ちゃん、ひとまず役目があるから捕縛するね。でも、取り調べの時には、ちゃんと理由言うんだよ、いいね?』

『ありがとう』

 九壱郎は助三郎の肩を叩き、安心させるように笑みを浮かべた。
しかし、瞬時に仕事の顔に戻った。

『下手人を連行しろ!』

 助三郎は後ろ手に縄を掛けられ、引っ立てられた。
関連記事
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【 〈02〉 貴女はどこに……】へ
  • 【 〈04〉 真実】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。