FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←表紙絵たち →これくしょん ぱーとつー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「雪割草シリーズ」
凌霄花

 〈06〉 逃避

 ←表紙絵たち →これくしょん ぱーとつー
「……また降るかな?」

 旅装に身を固めた早苗は、笠を上げてどんよりとした空を見上げた。
まるで自分自身の心の様な空だった。

「また降りそうですね」

 隣のお夏もため息交じりにそう呟いた。

江戸を出てはや十日。
普通ならもうとっくに水戸に着いている。
しかし、激しい雨や雷が連日続き、二人の行く手を阻んでいた。

「お疲れですか?」

「平気。お夏こそ大丈夫?」

「大丈夫です」

 気丈に微笑む彼女に、早苗も微笑み返した。
そんな二人の間を風のようにすり抜けて行くものがあった。

「おっと……」

「ごめんなさい! あ、待て!」

「やだ!」

 兄弟二人が追いかけっこをしていた。
無邪気な二人を、早苗は目を細めて眺めた。
 すると、子供たちの母が寄ってきて早苗に詫びだ。

「お侍さま、申し訳ありません」

「いえいえ。男の子はあれくらい元気がよくないと」

「申し訳ありません……」

 暫く元気のいい兄弟を眺めながら歩いていた二人だったが、突然早苗が足を止めた。

「……お夏、変な音しなかったか?」

「え? わたしにはなにも」

 すぐに音の正体がわかった。
山肌が崩れたのだった。
 連日の雨で地盤が緩んでいたようだ。
土砂のせいで、街道がふさがってしまった。
 旅人たちは天を仰いだ。
 
「道が使えない……」

「これゃいかん」

 早苗も同じようにため息をついた。

「いつになったら帰れるんだ……」

 しかし、そのため息は絶叫でかき消された。
一大事と、早苗は声がする方へ向かった。

 そこで彼女が見たのは、先ほどはしゃいでいた男の子二人とその母親だった。
兄弟二人は、崩れた土砂に巻き込まれたようだ。

 街道下の斜面で、倒れてピクリともしない兄。
 そのそばで、泥だらけになって泣きじゃくる弟、そして街道で座り込み、放心状態の母。

 早苗は直ぐ様兄弟を助けに向かおうとした。
そんな彼女に、旅人が二人手伝いに名乗り出た。
 
 斜面を下り、倒れている兄の様態を確認した。
どうやら気絶しているだけ。早苗はほっと胸をなでおろした。
 
「大丈夫。お兄ちゃんは気絶してるだけだ」

「本当? 大丈夫なの?」

「あぁ。それよりここから安全な所へ行かないと。あそこにいるおじさんところまで行けるかい?」

 上では手伝いに名乗りを上げた二人が兄弟の母を介抱し、兄弟を連れ戻す支度をすでに整えていた。
 
「行ける」

 彼は早苗の言うことを聞き、安全な場所へ戻った。
 
 見送った早苗は、気絶している兄の方をおぶった。
いくら男の状態で力が強いとはいえ、油断は禁物。

「あっ……」

 案の定、泥で足を滑らせた。
右足に痛みが走ったが、そんなことを気にしている場合ではなった。
 転ばぬよう足を踏ん張り、体勢を整え直した。

「頑張れ! あと少しだ!」

「そこ危ない。もうちょっと右に!」

 皆の声援に励まされ、早苗は男の子を無事に連れ帰ることができた。
 息子の無事を確認して落ち着きを取り戻した母親は、しきりに頭を下げ早苗に詫びた。
しかし、早苗は当然のことをしたまでと断り、代わりに男の子の様態を気にした。

「念のため、医者に診せたほうが良いですよ」

 しかし、医者に診て貰わねばならないのは早苗のほうだった。
先ほど痛みを感じた右足に、違和感を覚えていた。

「なんか右足が痛いな……」

 いつもとは違う感じに、早苗は不安になった。
お夏も主を心配し、どうしようかと思案に暮れた。
 そこへ、先ほど助けた男の子の母親が進み出た。
 彼女いわく、すぐ近くに彼女が住む集落がありそこには医者もいる。
 お礼もしたいから、来てくれとのことだった。

 早苗はその言葉に乗り、お夏とともに集落へと向かった。
そこへ着くなり、お夏はぽつりともらした。

「……ここ、父が生きていた時住んでたところです」

「え? そうなの?」

「父が亡くなり、生活に困って母とともに橋野様の御屋敷に奉公にあがりました。そこまではここで暮らしていました……」

「そうか…… だいぶ前だよね。お夏が俺のとこ来たのって」




 昔話もそこそこに、早苗は直ぐに医者に診て貰った。
すぐに彼は診断を下した。

「捻挫です」

「え」

「おまけに、足の骨にヒビが入ってるようだ。しばらくは安静に」

 早苗はがっくりとうなだれた。
常日頃鍛えていたはずにもかかわらず、怪我をしたのだ、無理もなかった。
 しかし、医者は容赦なく続けた。
 
「それと、お侍さま。気苦労し過ぎです」

「……そうかもしれません」

「明らかに睡眠不足。それと、ちゃんと食べてないようだ。栄養もいろいろ不足しています。骨にヒビが入ったのもそれが原因です」
「え? 鍛え方が甘いのではなく?」

「筋肉はともかく、骨をどうやって鍛えるのですか? とりあえず、煮干しを毎日食べなさい、骨と苛々に効きますから」

「わかりました……」

 医者から安静にと言われ、街道は土砂崩れで通行止め。
早苗に選択の余地はなかった。

「お夏、旅籠ってこの集落にある?」

「……調べてまいります」

「あ、分からないよな…… 小さい時に居ただけなんだから」

 しかし、お夏が調べに出る前に、ここを案内してくれた母親が進み出た。
隣には、目を覚ました兄と、彼を見て嬉しそうに笑う弟が立っていた。

「どうぞ、お怪我が治るまで、わが家に泊まってください」

「しかし、それは御迷惑では?」

「いいえ。うちは寺です。部屋はあまるほどありますので。それに、ここに旅籠はございません」

「そうですか。……では、お言葉に甘えて」

 こうして早苗とお夏はその集落に留まることになった。
 しかし、たったの二日で早苗は療養生活に飽きた。

 じっとしていなければならないが、苦痛だったのだ。
 皆が働いているのに、自分だけは部屋で書見や書き物。
 それが嫌だったのだ。
 
「なにか私に出来ることってありませんか?」

 朝餉の席で、早苗は住職夫婦にそう言った。

「出来ること、ですか? さて……」

 住職が考え込んでいるその横で、妻ははっと何かをひらめいたようだった。

「そうです。寺子屋の先生、やって頂けませんか?」

「先生ですか?」

「そうです。この村に先生はおりません。隣の集落から通って来られるのですが、あの崖崩れで道が使えなくなったものですから。いかがでしょう?」

「はい。ぜひやらせてください」

 子供好きで学問好きの早苗には最適の仕事だった。
その日から早苗は寺子屋の先生になった。
 寺の兄弟二人を始め、集落中の子供たちがすぐに早苗になついた。
 丁寧に分かりやすく教えてくれるということで、親たちの評判も良く好調だった。
 
 もちろん、いいことばかりではなかった。
 『新しい先生は若くて男前』という噂がすぐに流れ、若い娘がこぞって覗きに来た。
 そして早苗の苦手な黄色い声を上げるのであった。
 

 早苗がやりがいを見つけている傍で、お夏もあるものを見つけていた。

「格之進さま、今からでかけてもよろしいですか?」

「いいよ、行っておいで」

「ありがとうございます」

 お夏は、小さい頃遊んでもらった近所のお兄さんと再会していた。
そして、彼はお夏を誘い、二人でしばしば逢引を楽しんでいた。
 
 早苗は、いつも自分に尽くしてくれる下女を応援した。
しかし同時に彼女を羨んだ。

「……いいな」

 助三郎が忘れられないのだった。
その証拠に、捨てずに持っていた。
 助三郎から貰った櫛と守袋を……
 
 何度燃やそうと思ったか。
 何度庭の茂みに投げ捨てようとしたか。
 が、できなかった。

「助三郎……」

 早苗はその日も、手のうちに残った櫛と守り袋を懐に戻した。
それが悪かったのだろうか。否、お夏を羨む気持ちが強かったのだろうか。
その夜、彼女はとんでもない悪夢を見た。





 真夜中だった。
 早苗は、本来の女の姿だった。
 そして、見覚えある江戸の役宅の廊下に立っていた。

『ここって……』

 すぐ目の前は、夫婦の寝室だった部屋。
中から、声が聞こえた。
 それは、間違いなく助三郎。
 そして弥生の声だった。

 低く囁く声と、甘えるような高い声。
 早苗は中で二人が何をしているのか、おおよその見当がついた。
 腸が煮え繰り返る思いだったが、歯を食いしばった。

 そんな彼女の隣に、突然足音もなく人が現れた。

『ちょっとの間、眼を瞑り、耳を塞いで居てくださいね……』

 それは女物のかつぎを羽織り、般若の面で顔を隠し、女のように長い総髪を一つにまとめた男。
 
『へ……?』

 早苗の手は勝手に耳を塞ぎ、目は閉じられた。
 
 長い時間がたった。
突然、彼女の眼は開き、耳を塞いでいた手が自由になった。

 そこに再び男の声が聞こえた。

『……来て』

 声に引き寄せられ、早苗は部屋に入った。
 そこで彼女が目にしたのは恐ろしい光景だった。

 足元に、見るも無罪な姿になった弥生が転がっていた。
恐ろしさの余り、逃げ出そうとしたが身体はいうことを聞かなかった。

『そんな塵屑は放っておいて…… 大事なのはこっち……』

 男はそう言い、早苗を呼びよせた。
見ると、彼は右手に血塗れの刀を握り、左手で助三郎を抱き寄せていた。
 しかし、助三郎は息をしてはいなかった。
 
『……何したの?』

 早苗は恐る恐る聞いた。

『何って、助三郎を永遠に我ら二人の物にしたんですよ……』

 男は刀を捨てると、助三郎を抱き寄せ、頬ずりし、嬉しそうに笑った。
般若の面で笑う男。助三郎を抱きしめる男。
 ただただ不気味だった。

『……二人の、物?』

『そうです。私たちの物。私たちの助三郎』

『わたしたちの、助三郎さま?』

『助三郎、二度と浮気なんかさせない…… ずーっと俺達の物……』

 早苗は、声を振り絞った。
 
『貴方…… 誰なの?』

 
『そんなこと、聞かなくてもわかってるでしょう?』

『へ?』

 男は、助三郎をそっと横たえると、早苗の目の前に立ち般若の面を取った。





『イヤ!』

 早苗の絶叫がこだまする部屋。
血塗れの格之進が、満面の笑みで微笑んでいた。
関連記事
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【表紙絵たち】へ
  • 【これくしょん ぱーとつー】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。