FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←〈03〉 初の舞台 →ありがとうございました
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「雪割草シリーズ」
凌霄花

 〈07〉 強すぎる想い

 ←〈03〉 初の舞台 →ありがとうございました
「……苗さま! 大丈夫ですか!? 早苗さま!」

 名を呼ぶ声で、早苗は悪夢から解放された。

「……お夏ちゃん?」

 彼女は安心させるように、微笑んだ。

「悪い夢でも見られましたか?」

 悪夢は、自分の嫉妬心が生み出した幻想。
 心の中に巣食う黒い物に怖さを感じた。
 
 そんな彼女の気持ちに気付いたのか、

「不安なら、ご一緒に寝ますが」

 お夏がそう言うと早苗は頭を下げた。

「お願い……」





 お夏はいつもの習慣で日が上る前に目覚めた。
それに早く部屋から出ないといけない。
 早苗はこの集落では『格之進』で通っている。
 もしも一緒に寝たとされてしまえば、噂が流れてしまうかもしれない。

 しかし、彼女は起き上がることはできなかった。
いつしか格之進に変わっていた早苗に、抱きしめられていた。

 お夏はそっと抜け出そうとしたが、主の寝言で動きを止めた。

「助三郎……」
 
 久々に優しくその名を呼ぶ彼女。
今度はいい夢を見ているのだろう。
 良い夢ならばそのまま……
 しかし、考えをすぐに改めた。

 夢の中は良い。
しかし、起きれば辛い現実に引き戻される。彼女は再び暗い顔になる。

 どちらにしろ、夢は覚めるもの。
それならば早い方がいい。
 お夏は主を起こした。

 目覚めた早苗はすぐさまお夏を離し、頭を畳に擦り付けて謝った。

「ごめん! ほんとにごめん」

「わたしはなにも…… 面を上げてください。お願いします」

 お夏は主をなだめると、騒がれる前に部屋から静かに抜け出した。

 ひとりになった早苗は盛大に溜息をついた。
それは夢のせいだった。

 夢の中に出てきたのは優しい助三郎。
 しかし、辛いだけだった。

『相手が自分を想ってくれているから夢に出てくる』
と都合のいいことを言う者もいるが、早苗は信じていなかった。
 
 自分が想っているからこそ、相手が夢に現れる。

「やっぱり水戸に帰らないと……」

 彼女をこの集落に留めておく理由。
 それは怪我をした足。
 それももうじきに治ってしまう。
 山道も長い距離も楽々歩けるようになる。
 
 しかし、一歩が踏み出せないのだった。
  
 彼女はまたも逃げた。

「……いいや、もうちょっとだけここにいよう」

 そしてその日も変わらない生活を始めた。





 その夜、早苗はいつも通りお夏と夕餉を共にしていた。
しかし、珍しく酒があった。

「飲んでいいの?」

 一人であまり飲むことは無かった。
しかし、目の前にあるのは香りの高い美味しそうな酒。
 幾分気分も滅入っていたので、無性に飲みたくなっていた。

「はい。寝酒にも良いのではと」
 
 お夏に注いでもらい、早苗は一杯目を干した。
再びなみなみと注いでもらうと、冗談交じりに言った。

「美味い。でもさ、俺ざるだから酔えるかな」

 酒瓶をちらっと見た瞬間、お夏はそれを背後に隠した。

「一番強いお酒選んでもらいました。全部飲み干す前に酔えるはずです」

「そうかな…… でも、一人じゃなぁ…… 一緒に飲もう」

「いえ、わたしは……」

 遠慮するお夏の手をつかみぐっと引き寄せ、耳元で囁いた。

「……いいじゃないか。俺とお前、二人っきりでサシで飲もう」

 お夏はすぐ眉をひそめて忠告した。

「早苗さま。まるで殿方のようなお振舞は……」

 早苗はお夏の手を離した。

「ごめん。やり過ぎた。朝の事もちゃんと埋め合わせできてないのに……」

 しゅんと萎れた。

「あれはもうお構いなくと言ってるではないですか」

 酒を再び杯に注ぎ始めた。

「……だって、俺とお夏が寝たなんて変な噂流されたら、お夏の良い人に怒られるだろ」

 お夏が眼を見張ったことに早苗は気付かず話し続けた。

「そういえば、ここ何日か逢引き行ってないじゃないか。遠慮しなくて行けばいいのに」

 お夏は何も言わなかった。

「……お夏? どうした? ……あ! ちょっと! 酒!」

 心ここに有らずの様子のお夏は、酒をこぼした。

「……え? あ! 申しわけございません! お着物が!」

 はっと我に返った彼女は必死にこぼれた酒を拭きとった。
その様子を早苗はじっと見ていた。

「お夏……」

「……なんでしょう?」

「……もういい。寝間着に着換えるから。酔ったし、もう寝る」

 早苗はそれ以上お夏に聞きはしなかった。
しかし、なにかが引っ掛かる。
 こっそり調べた。

 数日後、早苗はお夏が付き合っている男の家に居た。
彼は庄屋の長男だった。
 彼にいろいろ話を聞くうちに、何が起こったのか明らかになった。

「では、振った振られたってわけではないんですか……」

「厳密に言うとそうでございます。先日、嫁に来てもらいたいと言ったとたん逃げられてしまいました」

「お夏とはそれきり?」

「はい…… せめて、私が嫌なら嫌と言ってほしいのですが」

 落ち込んでいる彼を慰めるように早苗は言った。

「私の見る限り、貴方が嫌ではないらしい。他に原因があるかもしれません」

「……もしや、お母さんでしょうか?」

「それもそうかもしれません。母一人子一人ですし。しかし、それ以外にも……」

「では、他に何が……」

 二人は頭を捻った。
しばらくすると、早苗が声を上げた。

「あ」

 何が原因か分かったのだ。
しかし、それは目の前の男に言っても仕方がない理由。

「……なにか分かりましたか?」

 彼は全くの無実。

「……はい。少々お待ちください。お夏を説得できる気がします」

 お夏が結婚の申し出から逃げた理由。
それは間違いなく、自分のせいだった。




 その夜、早苗はお夏と向き合った。
珍しく本来の女の姿のままの主にお夏も気付いた。

「今夜はそのまま御就寝ですか?」

「ううん。お夏ちゃんに話があるからこのままなの」

「……なんでしょう?」

「今日ね、会って来たの。お夏ちゃんのお相手の方に」
 
 お夏は俯いた。

「心配してたわ。嫌われたんじゃないか、悪い事したのかもしれないって」

「それは無いです!」

 そう発した直後、お夏は唇を噛み締め、膝の上の手をぎゅっと握って再び俯いた。
 
「……お夏ちゃん、わたしに遠慮してるんでしょう?」

 お夏はその瞬間、涙をこぼした。

「当たり前です。こんなに苦しんでいらっしゃる早苗さまをさしおいて…… 無理です」

「ごめんね、心配かけさせちゃって」

 早苗はお夏の手を優しく包み込んだ。
しかし、お夏は泣くばかり。

「まったく、お力になれず、申し訳が……」

「お夏ちゃんは何も悪くない。わたしがいけないの。みんなに迷惑かけてる」

「そんなことはありません…… ですから、お願いですから、おやめ下さい……」

 お夏は早苗から直々に計画を聞かされ、ここまで付いて来た。
しかし、どこか納得が行かなかった。
 そしてとうとう言ってしまった。

「明日にでも江戸に引き返し、もう一度旦那さまを信じて待ってみませんか?」

「それはもう無理なの……」

 早苗は溜息交じりに返した。

「わたしは不要な人間。だから、水戸に帰って、必要な人間になってから江戸に行くの。もう決めたの」

「どうしてもですか?」

「どうしても」

 いつしか早苗が説得する筈だったにもかかわらず、お夏が説得し、早苗が拒む図式になってしまっていた。
 夜が更けても一向に収拾は付かず。
困り果てた二人はその夜はお仕舞いと言うことにし、別れた。

 いつもより夜更かしをしてしまった早苗が欠伸を噛み殺しながら布団に入ったその時。
風の音に混じって聞こえてくるものがあった。

『……早苗……』

 どこからか己の名を呼ぶ声。
なぜか背筋がぞくっとした。
 耳をそばだてたが、それ以上聞こえることはなかった。
空耳だと決めつけると、彼女は布団の奥にもぐりこんだ。





 次の日、朝からお夏が説得に来た。
しかし、早苗は逃げた。

「格之進さま。お話しの続きを……」

「これから手習いの授業だ。また後で!」

「絶対ですよ!」

 しかし、その後も彼女は下女から逃げた。

「格之進さま!」

「ごめん! 住職さんに呼ばれたんだ、また後で!」

 早苗を呼びだした住職は、彼女に珍しい古文書を差しだした。
 大日本史編纂に携わる者として有り難く借り受け、読みふけった。

「格之進さま」

 その夜、幾分声に怒りがこもったお夏が早苗の横にやって来た。

「ごめん、話しはあとで」

「夕餉の支度ができました」

「あ、そうか。ありがとう」

 借りた古文書がおもしろく、早苗はその夜も夜更かしをしてしまった。
 そして、再び……

『……早苗……早苗……』

 声が聞こえた。 
その声は間違いなく、自分の名を呼んでいる。
 警戒して息を止め気配を殺した。

『……どこだ? ……早苗……』

 しばらくすると、声は部屋の前を通りすぎて消えた。
 恐ろしくなった早苗は、守袋を懐に入れた。
 それは助三郎に貰ったもの。
 しかし、送り主など関係ない。
とにかく神様に守ってもらいたい。そう考えた末だった。

「これで大丈夫だろう……」

 しかし、その次の晩。
それはまた現れた。

『……早苗 ……どこだ? ……どこに居る?』

 毎晩続く謎の声。
早苗は寝不足に悩まされた。
 悩みぬいた末、住職に事の顛末を話した。
 信じてもらえないに違いないと思っていたが、彼は熱心に聞いてくれ、適格な助言までくれた。

「私の弟はそういった類の専門です。弟のところにお行きなさい。早い方が良い」
 
 早苗は住職に紹介状を書いて貰うと、すぐに出立した。
日が少し傾いたころに彼女は山奥の寺に居た。
 
 寺の主の妻と見える女に紹介状を預けると、快く中に通してくれた。
 本堂でしばらく待っていると、その寺の主が現れた。

「お待たせしました。兄の紹介ですね? 清澄と申します」

 微笑みを湛え、穏やかな声でそう名乗った彼に、早苗の緊張は和らいだ。

「渥美格之進でございます。よろしくお願いいたします」
 
 清澄は笑顔のまま早苗がドキリとする質問をした。

「……もう一つのお名前も教えてくださいますか?」

 自分の正体が見抜ける。常ならぬモノに動じない。
この人は信ずるに足る。
 早苗はそう直感した。

「早苗、と申します」

「早苗さま。あ、よろしいですよ。お好きな方の姿で。しかし、いろいろ憑いていますね」

 清澄は早苗の周囲を見てそう言った。

「……そんなにいますか?」

 早苗自身も分かっていた。いつでもどこかで自分を見ている人でないモノの気配。

「はい。とてもたくさん。しかも皆、手馴れた者たち…… よく無事に過ごされてきましたね」

「いえ、無事ではありませんでした……」

 早苗はいままで経験した出来事をすべて清澄に話した。
彼は早苗の話を熱心に聞きくと、すぐさま行動に出た。

「あなたさまのお命を守るため、二度と悪鬼悪霊にとりつかれぬよう祈祷しましょう」

 清澄は念入りに早苗を祈祷した。
 そのおかげか、肩が軽くなり、心もすっきりとしたように彼女は感じていた。

「悪い者は皆去りました。あなたの守護霊達も本来の力をようやく取り戻したようです」

「守護霊。ですか?」

「ご先祖さまですよ。あなたを守ってくださいます」

 早苗は深々と頭を下げ、清澄と先祖の霊に感謝の意を表した。

「あなたさまの守りは万全になりましたが、念のため少し様子を見たいのです。今晩はここに泊まっていただけますか?」

「はい。清澄様がそうおっしゃるのなら」

 素直に申し出を聞き入れ、彼女はその晩泊まることにした。





 安心しきっていた早苗だったが、清澄の一抹の不安は当たっていた。
 彼の言うとおり、悪鬼悪霊は早苗の周りからすべて姿を消し、守りは強固な物となった。
しかし毎晩早苗を悩ませた声は、それでは防ぐことができない物だったのだ。




 声はまた現れた。

『早苗。どこだ?』

 周囲の様々な悪いモノを祓ったせいか、その声は鮮明に早苗の耳に届いた。

「あの声は…… まさか、助三郎?」

 うっかり名を口に出してしまったその瞬間。

『早苗!?』

 声の主があろうことか、部屋に入って来た。
それは、助三郎の姿をしていた。

『早苗! やっと見つけた!』

 襖を開けずに入って来たそれ。
早苗はすぐに足を見た。
 幽霊ならば足が無いはず。
しかし、足はあった。
 得体のしれないモノに、早苗は尋常でない恐怖を覚えた。

「来るな!」

 早苗は部屋を飛び出し、

「清澄様! お助け下さい!」

 本堂に逃げ込んだ。
 しかし、助三郎の姿をしたモノは何の迷いも無く、早苗の後を追ってきていた。

『早苗。待ってくれ…… なんで逃げる?』

 早苗は必死に祈った。
先祖に祈り、神に祈り、仏に祈った。

 しかし。

 全く効かなかった。
どんどん近付くモノを眼の前にして、恐怖で身体が震え始めた。

『大丈夫か? なにか怖いのか?』

 助三郎の姿をしたそれは、早苗に腕を廻した。
殺されると思い身構えたが、

『俺が守ってやる。二人でいればなにも怖くない』

 優しく抱きしめ、そう囁いただけだった。
その時、ようやく清澄がやって来た。

「大丈夫ですか!? これは!」

 恐怖で凍りついていた早苗だったが、清澄の声を聞くと我に帰り、助三郎の姿をしたモノの腕の中から力ずくで逃げ出した。

「清澄様! お助け下さい!」

 その瞬間、助三郎の姿をしたそれは豹変した。

『早苗は俺のものだ! 誰にも渡さない!』

 直ぐに腕を掴まれ、凄まじい力で引き寄せられ抱きすくめられた。
異常な力のせいで、早苗は抜け出すことが出来なかった。
 
「離しなさい! 離すんだ!」

 清澄は凄まじい形相で怒鳴った。
それに対抗し、助三郎の姿をしたそれも噛みついた。

『嫌だ! 早苗は俺のものだ! やっと見つけたんだ! 誰が離すか!』

 たがいに睨みあってしばらく時が流れた。
恐怖のどん底に居る早苗は、その睨みあいは永遠に続くのではないかと思ってしまうほどだった。

「いかん。これは……」

 突然、助三郎の姿をしたそれの正体に清澄は気付いた。
祓う方法が違うと判断すると、支度をするためその場を去った。

「清澄様……」

 助けを求めた者に見捨てられたと思った早苗は、絶望し項垂れた。

 助三郎の姿をしたモノは、早苗を腕に抱きながら猛り狂っていた。

『早苗は俺のものだ! 俺だけのものだ! 絶対に誰にも渡さない!』
 
 早苗はその言葉に涙した。
 一度くらい、本物の助三郎にそう強く言ってもらいたかった。
いつも、『束縛したくない』だの、『お前が俺の事嫌いならあきらめる』だの弱々しいことしか言わない男だった。
 しかし、同時にそんなことをこの期に及んで考えてしまう自分を呪った。

 清澄は戻ってこない。

 少し落ち着居た様子のそれは、早苗の耳元で甘く囁いた。

『これで二人きりだ、早苗』

 抱きしめ方も、優しいものになっていた。

『顔を見せてくれ』

 知らないうちに、早苗は女の姿に戻っていた。
助三郎の姿のそれは彼女の頬に触れた。
 その手は恐ろしく冷たかった。

『早苗だ。俺の早苗だ…… 俺の宝。俺の命。俺のすべて……』

 そしてそっと口づけを落とした。
氷のように冷たいそれに、早苗は震えた。
 
『邪魔な物はもう全部なくなった。消した。お前の為なら、俺は鬼にでも夜叉にでもなる。お前の為なら、なんでもやる。人も殺す。だから、もうどこへも行かないでくれ……』

 これはやはり偽物。悪霊が自分を惑わせる為に見せる幻覚。
本当の助三郎ならばこんな過激な事は言わない。
 早苗はそう結論づけた。

 しかし、

『……愛してる、早苗』

 耳元でそう囁かれた瞬間、早苗の体は痺れ、意識は遠退いていった。





「おはようございます。お目覚めですか?」

 眼の前に、清澄の妻が居た。

「おはようございます。あれ、わたし……」

 早苗は何がどうなっているのか解らず、焦った。
しかし、清澄の妻は早苗を安心させるように優しく言った。

「大丈夫です。いま、夫を呼びますから」

 少しすると、清澄が現れた。

「おはようございます。昨晩は失礼をいたしました」

 深々と頭を下げる清澄。
次第に昨晩の記憶がよみがえって来た。

「……あの悪霊、相当強いのでしょうか?」

 不安そうにそう聞く早苗に、清澄は穏やかな笑みを湛えて言った。

「あれは悪霊ではありません」

「……では?」

「生霊です」

 清澄の発言に、早苗はぽかんとしてしまった。
開けた口を閉じ、彼に確認した。
 
「生霊というのは、あの源氏物語に出て来る、六条御息所のような?」

「はい。あれが一番わかりやすい例かも知れません」

 早苗は思い出した。なぜ六条御息所は生霊になったのか。

「……あの男は、わたしに恨みがあるのですか?」

 恐怖と同時に、猛烈な悲しみに襲われたが耐えた。

「いいえ。生霊というのは、恨み以外でも出てくる場合が多々あります」

「では? なぜあの男が? 理由は?」

 彼女には見当が付かなかった。

「……あなたさまへの想いが強すぎて、あなたさまを探してここまで来たようです。それ故、あなたさまの守護霊たちも、危ない物ではないと判断し、あの生霊を追い払わなかったのです」

 なぜいまさら生霊になるまで思いつめ、自分を探すのか。
早苗は疑問に思った。しかし、それ以上にどうやって自分の居場所を突き止めたのかが気になった。

「……いったい、どうやって?」

「貴女が持っておられる、櫛を頼りに探しあてたようです」

 早苗は懐からそれを取り出した。

「……これを頼りに?」

 清澄は何かに気付いた様子で、それをじっと見つめた。
 
「あの方からの贈り物ですか?」

「はい」

「あの方の強い念が籠っています。あなたさまを大切に思う気持ちで溢れんばかりです」

 早苗は驚き凝視した。

 助三郎が早苗にと購入し、贈った。
 早苗が助三郎を忘れようと、彼に付き返した。
 二度目の結婚申し込みの際に、彼から再び贈られた。
 祝言のとき、初めて身につけた……

 確かに、その櫛にはいろいろあった。
 それ故、念が籠もってしまったのだろう。
 
 清澄は何も聞かなかった。
その代わり、早苗に生霊の対処法を教えた。

「あの生霊を元の場所に戻し、二度と現れないようにする方法は、二択です」

 早苗はその方法を真剣に聞いた。

「一つは、あの方の許に戻ると約束する。もう一つは、その櫛を突き返し、引導を渡す。あなたさまにしか出来ません」

 早苗はその日一日考えに考えた。
そして、結論を出した。





 その晩遅く、生霊はやはりやってきた。
 男の姿で正座し待機していた早苗は近寄ってきたそれに、櫛と守袋を突き返し言い放った。

「今すぐ帰れ! 二度と来るな!」
 
 助三郎の生霊は泣き声を出した。
昨日の荒々しい男とはまるで違っていた。
 しかし、それこそ、本来の助三郎のはず。

『……俺が嫌いか?』

 早苗はキッと睨みつけた。

「しつこいやつは大嫌いだ」

『……直したら、好きになってくれるか?』

「無理だ」

『早苗…… ごめん…… 許してくれ……』

 伸びてきた手を、心を鬼にして振り払った。

 驚いたと見える生霊だったが、すぐさま頭を畳に擦り付けた。

『許してくれ! もう一度、あと一度でいい! お前と一緒に生きなおす機会をくれ!』

 早苗の心が一瞬動いた。
 
 その言葉が本当ならば……
 いや、本当かもしれない。
 自分が見た助三郎の行為はすべて何か理由があったのかもしれない。
 助三郎は、まだ自分を……
 
 そう思いをめぐらせたが、踏みとどまった。
 眼にしたこと、耳にしたことはすべて現実。
 淡い期待を抱いて、どれだけ裏切られたか。
 再び絶望のどん底に突き落とされるのはもうごめんだった。

「無理だ。もう疲れた…… 俺はもうお前を信じられない…… 女としてお前と一緒には生きられない……」

『お願だ、早苗……』

 助三郎の生霊に背を向け、再び怒鳴った。
 
「帰れ! 二度と来るな!」

『早苗……… 許してくれ…… 早苗…… 俺はお前無しじゃ生きていけない……』

 生霊は泣き続けた。
しかし、早苗は振り向かなかった。
 
 いつしか、夜が明け日が昇った。
 早苗はようやく振り向いた。
 生霊は居なかった。
 渡した櫛も、守袋も一緒に消えていた。

「助三郎さま!」

 早苗は声を出して泣いた。
 二人で過ごした楽しい幸せな日々が走馬灯のようによみがえり、早苗を苦しめた。

 離れたくなかった。
一生一緒に居たかった。
 
 しかし、このままでは自分が壊れる。
 それに、助三郎のためにも、水戸藩のためにも『早苗』という自分が居てはいけない。
必要なのは『格之進』

 涙をぬぐい、早苗は笑った。

「助三郎さま…… この世で誰よりも大好きです。愛しています…… だから、さようなら……」
関連記事
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
総もくじ 3kaku_s_L.png 雪割草シリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 月も朧に
もくじ  3kaku_s_L.png ひとこと
もくじ  3kaku_s_L.png いろいろ
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【〈03〉 初の舞台】へ
  • 【ありがとうございました】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。